【便秘のお悩みの方にやってほしい】コスト0円でできるアーユルヴェーダの新習慣

便秘でお悩みの女性。私の周りにも数多くいらっしゃいます。

そんな女性の皆様に是非取り入れていただきたい朝一番のアーユルヴェーダの習慣をご紹介します。

 

大変厳しいアーユルヴェーダの便秘の定義

突然ですが質問です。

「あなたは便秘ですか?」

 

~thinking time~

 

「便秘です」

と答えたあなた。

つらいですね。

 

2、3日に1回しか出ない。

一週間出ないという人も(ヴァータの末期症状です)……

※ヴァータについて知りたい方はこちら
>>【ヴァータ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ

では、

「便秘ではない!」

と答えたあなた。

なぜ、そう答えましたか?

 

「毎日排便がある」

「食べたら30分後くらいに便通がある」

 

いい理由ですね。

 

けれど、アーユルヴェーダでは

「起きた後、朝食をとる前に便通がなければ便秘」

ととらえています。

マ・・ジ・・・?

 

マジです。

大変厳しいです。

 

朝一番にやってほしいアーユルヴェーダの習慣

とはいっても、どんなタイミングでもいいから一日一回は便が出てほしい。

そんな風に切望される便秘の方にも、まずやってほしい習慣があります。

 

それは、

 

「起きたらとりあえず便座に5分座ること」

 

です。

 

朝起きたら5分トイレに座ろう

「え?5分も?」

 

はい。

5分です。

 

「5分座っても出ないよ~」

 

そのとおりです。

最初から出ません。

体に「朝一番で便を出すんだよ~」と身体に覚えさせるのがねらいです。

けれども、体質的に朝一で便を出すのが難しい方もいる。これも事実です。

 

トイレに座っている間他事はしないで副交感神経を優位にする

 

「ふーん、5分ね。わかった」

で、たった5分でも無駄にしたくないあなた。

 

雑誌を読んだり、スマホを見たり、本を読んだり。。

 

いやいや、これでは脳が「ああ、朝起きたら何か読む習慣がついたんだなあ」

と勘違いしてしまいます(笑)

 

しかも、便は副交感神経が優位になっていないと、出ません。

 

交感神経が優位になるような活動をして、暇つぶしをしようと思っているなら、やめてください。

何もしないで、5分便座に座ってください。

 

ただ座ってください。

 

All you need is sitting!

 

「日本人はバタバタしすぎなんだよ!

ヴァタヴァタしてるとヴァータが上がって

便秘になっちまうぞ!」

とネコくんも怒ってます。

 

万病のもと「便秘」と長期的に縁を切ろう

アーユルヴェーダでは便秘は万病のもと。

排出されない毒素が血にのって体をめぐり、一番弱いところに巣食います。

 

便秘と縁を切るために、朝一番の習慣を体に覚えさせましょう。

 

シンプル&ヘルシーなアーユルヴェーダの料理教室
体験会のお申込みはこちら
【料理を作る】お楽しみ会のお申込みはこちら
【資格取得】ACAコースのお申込みはこちら

卵・乳製品・小麦粉不使用「ロースイーツ」教室
お申込みはこちら

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログをいいなと感じていただけましたら、下のボタンをクリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  

応援よろしくお願いいたします。

【関連記事】セルフケア