【ディナチャリヤ】アーユルヴェーダの理想的な一日の過ごし方

規則正しい生活習慣は、健康体を保ち幸せな生活を送るための第一歩。

アーユルヴェーダが勧める理想的な1日の過ごし方をご紹介します。

アーユルヴェーダの健康の柱ヴィハーラ(生活習慣)

アーユルヴェーダでは、健康の柱が4つあります。

  • アハーラ(食習慣)
  • ヴィハーラ(生活習慣)
  • 性的エネルギーの管理
  • 良質な睡眠

ヴィハーラについては、理想形をアーユルヴェーダが定めています。

アーユルヴェーダが定める理想的な一日の過ごし方のことを、「ディナチャリア」といいます。

どのような過ごし方か、さっそく見ていきましょう。

 

アーユルヴェーダの理想的な1日の過ごし方

朝の日課

起床

午前6時前に起床します。

日の出の1時間半前に起床できるとベターです。

 

落ち着く時間・素晴らしい一日を想像する

慌ただしく起き上がるのではなく、少しベッド(布団)の上でじっとして、今日一日をどんな風に過ごすかイメージしましょう。

課題や試練が待っている場合は、「乗り越える力を与えてください」と祈りましょう。

 

排泄・排便

トイレに行きます。

朝一番に排便があるのがベストですが、なくても、とにかく5分ほど座っていましょう。

朝の日課としてトイレに5分座るメリットについて書いた記事はこちら
>>【便秘のお悩みの方にやってほしい】コスト0円でできるアーユルヴェーダの新習慣

 

アグニが強ければ、排便があります。

アグニについて書いた記事はこちら
>>消化の火・アグニとは

アーユルヴェーダでは、朝食前に排便がない状態は便秘であり、朝一番に排便があるのが正常な状態とみなしています。

 

歯磨き・舌磨き

舌の状態はアーマの有無を表しています。

消化がうまくいっているかチェックし、舌苔を取りましょう。舌磨きはタング・スクレーバーや舌磨き用のブラシで行います。

それから、歯磨きをして、寝ている間に蓄積した細菌を除去します。

歯磨きをした後に、また舌の状態をチェックしてみましょう。

 

ま油のうがい

キュアリングした太白ごま油を大さじ1~2杯、口の中に含みます。5分ほどクチュクチュとうがいをし、ティッシュなどに吐き出し、口を漱ぎます。

歯茎と歯に優れた活性効果があります。

 

鼻腔ケア

ネティポットを使った鼻洗浄を行いましょう。

風邪をひきそうな時や、花粉症っぽい時は、一日を通して2~3回行うと良いです。

 

アビアンガ(オイルの塗布)・入浴

温めたオイルを手のひらに取り、全身をマッサージし後、20~30分(最低でも5分)程度放置します。

その後シャワーを浴びるか入浴します。

日本人は夜お風呂に入りますが、世界的にみると朝のお風呂が一般的のようです。

が、ここは判断にお任せします。

午後やる場合は、ヴァータの時間(午後2~6時)にできるのがベターです。

が、働いていると普通出来ませんね。

やらないよりはやった方がよいので、時間は関係なく、実行してください。

 

白湯を飲む

日の出前に白湯を飲み、過剰なアーマを排出します。

 

散歩

散歩をして、朝日を浴びましょう。特に朝5時代の散歩は、空気が澄んでいて、ヴァータの人に良いです。早朝の散歩は1日の方向付けになります。

 

霊性を高める練習を行う

瞑想や呼吸法、ヨガなどを実践しましょう。

瞑想は自分とのつながりを深めます。

呼吸法はヴァータを整え、自律神経と副交感神経のバランスを整えます。

ヨガは、体から痛みを軽減し、柔軟性を高めます。
太陽礼拝などで軽く体を動かせば、素晴らしい一日をスタートするためのリズムができます。

 

朝ごはん(決まった時間・午前7時頃)

【まとめ】ドーシャ別(体質別)おすすめの朝ごはん10選

毎日、決まった時間に朝ごはんを食べましょう。
アグニはまだ強くない状態なので、消化に良いものがベストです。

体質別おすすめの朝ごはんについて書いた記事はこちら
>>【まとめ】ドーシャ別(体質別)おすすめの朝ごはん10選

十分な量の昼食(午後12時前後)

毎日、決まった時間にお昼ご飯を食べましょう。

昼食は消化のエネルギーが一番強い時間帯(午後10~午後2時まで)に、季節に合った十分な量(一日の中で最も多い)を食べます。

午後の過ごし方

仕事・勉強

朝10時から14時頃まではピッタの時間で、判断力が冴え、熱も入りやすいため、仕事や勉強に励みます。

午後2時以降のヴァータの時間は、疲れが出てきて、細かい仕事には向かなくなってきます。

 

コミュニケーションをとる仕事や営業マンの場合は、ヴァータのフットワークの軽さとコミュニケーション能力を生かしましょう。

ドーシャのバランスが整ってヴァータのいいところが出てこれば、クリエイティビティが発揮でき、よいアイディアが生まれます。

 

リラックス

午後のヴァータの時間帯には疲れが出てきます。昼寝はせず、リラックスする時間を取りましょう。

 

夕食(5時~8時頃)

毎日、決まった時間に夕ご飯を食べましょう。
太陽が出ている間、早い時間帯に軽い夕食を取れると良いです。

食後の散歩は、特にカパの人におすすめです。

夕食後はよい睡眠に向けリラックス

あまり頭を使う活動はせずに、好きなことをしてゆっくりと過ごします。

ピッタの人は、月光浴をするのもおすすめです。

 

就寝(~午後10時)

ピッタの時間(午後10時)までに寝ます。

 

睡眠

代謝をして細胞を作ります。若返りの黄金タイムです。

この時ピッタのエネルギーを消化に使いたくないため、夕食は寝る3時間前には済ませます。

 

ライフスタイルに合わせてカスタマイズしよう

定型通りにいかない部分は、自分のライフスタイルに合わせて変えましょう。

が、理想形は理想形なので、最善は尽くしてくださいね^^

シンプル&ヘルシーなアーユルヴェーダの料理教室
体験会のお申込みはこちら
【料理を作る】お楽しみ会のお申込みはこちら
【資格取得】ACAコースのお申込みはこちら

卵・乳製品・小麦粉不使用「ロースイーツ」教室
お申込みはこちら

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログをいいなと感じていただけましたら、下のボタンをクリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  

応援よろしくお願いいたします。

 

【関連記事】セルフケア