【アーユルヴェーダの栄養学】食材ごとに決まっている7つの性質

体質に合った食事っていうけど、私に合う食べ物ってなんなの?

反対に、合わない食べ物は?

本記事では、そんな疑問を解消するための基礎知識について書きます。

 

アーユルヴェーダの栄養学

アーユルヴェーダは、5千年も前からある科学です。

栄養学といっても、「カロリー」とか「ビタミン」とか「タンパク質」とかがどうのという話はでてきません。

「栄養学=食材の性質を紐解く」と考えてください。

 

アーユルヴェーダでは、食材ごとに、7つの性質をみます。

それは、経典の中に書かれていて、決まっているのです。

 

なので、「え?なぜ?どうして?」とあまり考えずに、少しずつ覚えてください。

 

栄養学を学ぶメリット

食材ごとの特徴が分かると、次のようなメリットがあります。

  • 自分に合う食材が分かる
    ⇒現在の自分の特徴との比較から、どの食材は今の自分に合っていて、どの食材はあっていないのか、分かるようになります。
  • バランスする(調和する)食材の組み合わせが分かる

 

7つの性質

アーユルヴェーダにおいて、食材ごとに捉える7つの性質は次の通りです。

 

①物質(Dravya ドラッヴィヤ)

「名前」と思ってもらえばよいです。

また、五元素のバランスがどのくらいあるかも表します。

たとえば、レモンは「火」(酸味があることから)、机は「地」、部屋は「空」です。

 

②質(Guna グナ)

その食べ物が持っている性質です。

たとえば、牛乳の持つ質は「重」「冷」「湿」などがあります。

その他、アーユルヴェーダが捉える10組20種類の性質(グルヴァディ・グナ)については、こちらの記事で解説しています。

>>グルヴァディグナとは

③動作(Karma カルマ)

カルマという言葉は聞いたことがあるでしょう。

それ自体は「行為」という意味です。

 

栄養学においては、その食べ物がドーシャにどう働きかけるか、を捉えます。

たとえば、はちみつはカパを下げる、など。

ドーシャについてはこちらの記事をご覧ください。
>>アーユルヴェーダとは

 

④味(Rasa ラサ)

舌で感じる味のことです。

アーユルヴェーダでは6味を捉えます。

6味とは次の6つです。

 

  • 甘味(Madhura マドゥーラ)
  • 酸味(Amla アムラ)
  • 塩味(Lavana ラヴァーナ)
  • 辛味(Katu カトゥ)
  • 苦味(Tikta ティクタ)
  • 渋味(Kashaya カシャーヤ)

 

⑤作用(Veerya ヴィールヤ)

温めるまたは冷ます特質のことです。

  • 熱性(Ushna ウーシュナ)
  • 冷性(Sheeta シータ)

>>グルヴァディグナ「熱」と「冷」

例えば、冷性の強い食べ物にきゅうり、熱性の強い食べ物にトマトがあります。

 

⑥消化後の作用(Veepaka ヴィパーカ)

食べた後の味のことです。

舌で感じる味と消化後の味(性質)が違うものがあります。

 

たとえば、アムラはとても酸っぱいフルーツですが、消化後の味は「甘味」です。

 

⑦効果(Prabhava プラッブハーヴァ)

特質、食べた後の作用のことです。

たとえば、冬瓜は子宮の浄化や利尿作用、トゥルシーはデトックス、ゴツコラは記憶力増進、などです。

ゴツコラについてはこちらの記事でご紹介しています。
>>若返り・美肌・認知症予防に効くアーユルヴェーダハーブ「ゴツコラの」効果効能

 


いかがでしたでしょうか。

慣れないサンスクリット語が出てきて、難しく感じたでしょうね。

けれど、何度も反芻して、サンスクリット語で覚えましょう。

詳細な食材ごとの質については、「栄養学」のカテゴリーでご紹介します。

 

シンプル&ヘルシーなアーユルヴェーダの料理教室
体験会のお申込みはこちら
【料理を作る】お楽しみ会のお申込みはこちら
【資格取得】ACAコースのお申込みはこちら

卵・乳製品・小麦粉不使用「ロースイーツ」教室
お申込みはこちら

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログをいいなと感じていただけましたら、下のボタンをクリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  

応援よろしくお願いいたします。

【関連記事】アーユルヴェーダとは