【下痢・肌のトラブルなどの体質改善に】ピッタ体質の方におすすめの食事

胸やけ、炎症、下痢、怒りっぽい、完璧主義……こんな体質や感情の昂りを改善するための食事とは、どんな食事でしょうか?

答えはピッタを整える食事

アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースのレッスン3では、ピッタの体質と、ピッタを鎮静する食事について学びます。

体質改善のためのアーユルヴェーダ

皆さんが自分の体質だと思っているもの。

それは本当の自分ですか?

大部分が、「ドーシャの性質」であって、みなさん自身の性質ではないことが多いです。

胸やけや肌のトラブル、下痢、イライラ感、他人や自分の失敗に不寛容……

これらは、あなたが過剰なピッタにのっとられている証拠かもしれません。

「どうしたら食事を通して、ピッタの乱れを整えられるかしら?」

 

そのためのヒントを、アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースでお伝えしています。

ピッタについて詳しく知りたい方はこちら
>>【ピッタ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ

アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細はこちら
>>アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコース

アーユルヴェーダの基礎知識・食事法を理論と実践を通して学びます。

 

ピッタを整えるアーユルヴェーダ料理

ピッタを整える料理の性質は、大きく次の3つです。

  1. 過剰な辛味・塩味・酸味を避ける
  2. ラジャスティック(激性)なものを避ける(アルコール、カフェインなど)
  3. 身体をクーリングするものが良い

ピッタを沈静する味は以下の3つです。

  1. 甘味
  2. 苦味
  3. 渋味

残りの辛味、酸味、塩味は、過剰になり過ぎない量を取ります。

適量の摂取は必要です。

 

ACAレッスン3のメニュー

  • ポンガル
  • チャパティ
  • かぼちゃのカレー
  • きゅうりのカレー
  • キャベツのスパイス炒め
  • シュリカンド
  • ローズウォーター

生徒さまの声

レッスン1の宿題として、次のような取り組みをしてくださいました。

  • ギーを作ってみた
  • ギーを使った料理を作った
  • 毎日とまではいかないが、トイレに座ることを心がけた

その結果として

  • 便秘がやや改善されてきた
  • 血圧が少し下がった
  • 胃の調子が良くなったと感じる
  • 身体の変化を通して、気持ちが前向きになった

取組みと変化につながりが見えると、モチベーションが上がります。

ACAコースに通っている約5週間の間に、何らかの変化を感じ、成功体験を得ていただければ幸いです。

(そのために、生徒の皆さんは宿題をきちんとやってくださいね!)

 

ACA第三期は12月よりスタート

ACAコースの第三期生を只今募集中しております。

アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細はこちら
>>アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコース

アーユルヴェーダの基礎知識・食事法を理論と実践を通して学びます。

 

シンプル&ヘルシーなアーユルヴェーダの料理教室
体験会のお申込みはこちら
【料理を作る】お楽しみ会のお申込みはこちら
【資格取得】ACAコースのお申込みはこちら

卵・乳製品・小麦粉不使用「ロースイーツ」教室
お申込みはこちら

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログをいいなと感じていただけましたら、下のボタンをクリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  

応援よろしくお願いいたします。

 

【関連記事】アーユルヴェーダ料理教室