仮性アレルゲンとはなにか・アレルギー類似症状を起こす食品(ナス科の野菜、バナナなど)

異物に対して反応する際、自分の体を傷つけてしまう「アレルギー反応」。

アレルギーの原因物質でないにもかかわらず、あたかも食物アレルギーと同じような症状を起こす物質を「仮性アレルゲン」といいます。

仮性アレルゲンを含む食物には、何があるのでしょうか──?

 

仮性アレルゲンとは

仮性アレルゲンとは、食物中に「自然に」含まれている化学物質などの中で、アレルギー類似症状を起こす物質のことをいいます。

アレルギーの原因物質ではありません。

あたかもアレルギーと同じような症状を起こしますが、アレルギー反応ではなく、含まれている物質の薬理作用(体への影響)なのです。

※ちなみに、一方「アレルゲン」とは、アレルギーの原因となる物質のこと。

※花粉・ダニ・動物の毛など吸入性のもの、うるし・ゴム・金属など接触性のもの、小麦粉、蕎麦(そば)・鶏卵・牛乳など食物性のものがあります。

※食物アレルギーなどで見られるアレルギー反応では、ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質が働いています。

アレルギー類似反応を示す物質

アレルギー類似反応を示す物質には、ヒスタミン、チラミン、セロトニン、アセチルコリン、サリチル酸などがあります。

サリチル酸は安息香酸の誘導体であり、サリチル酸も安息香酸も、慢性蕁麻疹や血管性浮腫の原因となります。

安息香酸は、食品添加物として使用されています。

仮性アレルゲンを含む食物

仮性アレルゲンを含む食物には以下のようなものがあります。

物質 食物
ヒスタミン 魚類(さば、いわしなどで特に鮮度が落ちたもの)、発酵食品(チーズ、ワイン)、ナス科の野菜(ナス、トマトなど)、とうもろこし、ほうれんそう
チラミン チーズ、ワイン、アボカド、バナナ、ナス、プラム、トマト
セロトニン バナナ、パイナップル、アボカド、プラム、トマト、キウイ
アセチルコリン トマト、ナス、タケノコ、ヤマイモ、サトイモ
サリチル酸 トマト、キュウリ、ジャガイモ、イチゴ、リンゴ、メロン、オレンジ、パイナップル、ブドウ

momo

アレルギー症状がある時は、じゃあ、ピザとかトマトソース系のもの、だめなんだ


yui

そうだね、サバ缶とか、食べやすいバナナも気を付けた方がいい


momo

知らなかった~

仮性アレルゲンを含む食物は食べない方がよいのか?

アレルギーのような症状が何も出ていない時は、完全に避けなくても大丈夫だと思います。

東京都福祉保健局健康安全室環境保健課のガイドブックにはこうあります。

「仮アレルゲンが強い反応を起こすことはまれであり、厳密な除去食を必要とすることは少ない」

そうでない場合は、完全に抜くとはいかないまでも、頻度と量を減らすことがおすすめです。