【健康と美容に良いはちみつについて】アーユルヴェーダの掟│ロー(非加熱)のものを使うべし

今日はカパを鎮静する唯一の甘味であり、日本でも古くから親しまれている「はちみつ」について取り上げます。

美容と健康に効果のある蜂蜜

蜂蜜はおいしいだけでなく、殺菌効果や、保湿効果が高いことで知られています。

風邪・喉のイガイガに

風邪を引いた時に、はちみつ入りのドリンクを飲んだり、喉が痛いなと思った時に、プロポリスキャンディをなめたりしますよね。

はちみつに含まれるグルコン酸には、殺菌作用があり、強い殺菌力を持つ過酸化水素を作るグルコースオキシターゼという酵素も含まれています。

このダブルで殺菌効果が発揮され、喉の痛みや咳止め、口内炎などにも効果があるといわれています。

保湿してお肌をきれいに

喉が痛い時にはちみつをなめるのにも保湿するねらいがありますが、肌も同様です。

クレンジングやパック、化粧水などでも、その保湿効果を発揮します

 

カパを鎮静する太らない甘味としての蜂蜜

そんなはちみつですが、アーユルヴェーダの中では、

  • オージャス(活力素、生命力)を増やす
  • サットヴァ(純粋性)の高いもの
  • カパを鎮静する甘味

として知られています。

過度な甘味はカパドーシャを増加させます。

しかし「粗さ、鋭さ」という質(グナ)や、「渋味」という味(ラサ)をもつ蜂蜜は、カパの質や味と相反するため、バランスするとされています。

ただし、それは本物の蜂蜜に限った話。

日本で普通に売られている加糖蜂蜜は、蜂蜜以外の糖類が加えられ、だいたいが過熱されているため、薬効が薄いといわれています。

なので、非加熱の蜂蜜を使う必要があります。

 

アーユルヴェーダが勧めるのは非加熱の蜂蜜(ローハニー)

アーユルヴェーダでは「蜂蜜は加熱すると毒になる」といわれています。

これには様々な説があるようですが、

  • ビタミンや酵素の破壊
  • 終末糖化産物(AGEs:動脈硬化やシワ、白内障などの老化現象を引き起こす毒素)が増加する

などが挙げられます。

 

蜂蜜と他の食材の食べ合わせ

世界には蜂蜜を加熱して作る様々なおいしい料理があります。

これらは、蜂蜜が毒になることを見過ごしてこられたからなのでしょうか?

実は蜂蜜とほかの食材などの組み合わせによって、毒素(AGEs)の増加が抑えられている可能性が示唆されています。

例えばターメリックなどのスパイスが、その役割を果たしている可能性があるとのこと。

食材の組み合わせによっては、加熱した蜂蜜でも安全に摂取できるかもしれない、ということですね。

逆に、蜂蜜と組み合わせるのは避けるべしと言われているものもあります。

有名なのがギー。

アーユルヴェーダの食事法の掟の中には「ギーと同量の蜂蜜は毒になる。摂ってはいけない」というものもあります。

 

ローハニーはどこで買える?

地元の自然食材店や養蜂店、またはネット通販サイトで、非加熱の蜂蜜を探してみましょう。

森の時計のある横浜市石川町には、石川町駅から降りて徒歩数分のところに、『天狗屋養蜂店』という、非加熱の蜂蜜を多く取り揃えているお店があります。

ありがたいことです。

蜂蜜のグレード(高級・最高級)は何で決まるのか

ハチミツのグレードは何で決まるのか。

それは「濃度」です。

高級なはちみつほど濃度が高い。

蜂が花から集めてきたばかりの蜜は水分が多く、糖度が低い状態です。

そこから、蜂が頑張って「羽ばたく」ことで水分が飛び、熟成され、糖度が高いはちみつになるのです。

これが完熟した本物の蜂蜜です。

それなりの高級品ならば、それなりに水分が飛ばされたものです。

ちなみに、加熱処理をしたはちみつは、加熱によって水分が飛ばされています。

蜂蜜は長期間保存が可能

蜂蜜の賞味期限は6年間とされています。

しかし、実際にはそれ自体が殺菌作用をもっているため、もっと長く食べ続けられる可能性があります(変だな?と思ったらやめてくださいませ)。

といっても、蜂蜜が家にあったら、1年ともたず食べきってしまいます。。

 


健康や美容効果が嬉しいはちみつのアーユルヴェーダ的な側面。

いかがでしたでしょうか?

ローハニーを非加熱のまま、どんなふうに料理できるか、今後も研究して参ります。


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら