赤米入荷しました│さらっとしたスリランカカレーにぴったりなパラパラとしたお米

ブログ

赤米を入荷しました。

粒の形状は日本米と似ていますが、パラパラとして軽い、独特のお米。

スリランカカレーにぴったりです。

スポンサーリンク

スリランカのお米・赤米

赤米はスリランカでポピュラーなお米。

日本人は精製した白米(うるち米)を食卓にのせることが多いと思いますが、スリランカでは赤米が一般的。

2018年11月にスリランカに渡航した際、赤米の玄米を買って帰ったのですが、それがなくなって以降、なかなか赤米を入手できずにいました。。

今回、前職の先輩に頼み、なんとか赤米(玄米ではない)を購入。

早速料理教室でお目見えしました。

 

アーユルヴェーダでは優れたお米とされている

当教室のアーユルヴェーダ料理教室ではいろいろなお米を使います。

白米、玄米、バスマティライス……

それぞれ味や食感、香りに特徴があり、それぞれの良さがあるのですが、アーユルヴェーダでは赤米=レッドシャリが最も優れているとされています。

 

赤米の味・風味・食感

赤米を食べたことはありますか?

日本で作られている赤米とはだいぶ異なります。
(白米と一緒に混ぜて炊き込むもの)

スリランカの赤米は、赤米だけで炊きます。

↑写真は赤米の玄米。

バスマティライスほど、特徴的な風味や味はありません。

ですので、バスマティライスの独特な香りが苦手……という方でも、赤米ならおいしく食べられるかもしれません。

米粒の大きさは日本米とほぼ同じ。
でも食感が大分違います。

食感は、もちもちというよりはパラパラ、パサパサしています。

お米が含んでいる水分が少ないので、水分多めのスリランカのカレーと相性ばっちりです。

 


 

赤米は今後、アーユルヴェーダ料理体験会アーユルヴェーダ料理基礎講座で使う予定です。

お楽しみに。


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら