ヨガ・顔ヨガをはじめたきっかけ│実感したいい影響

ブログ

本記事ではヨガ、顔ヨガに関する私の個人的な体験について書いています。

ヨガや顔ヨガをはじめたきっかけと、実感していることについてまとめました。

スポンサーリンク

ヨガをはじめたきっかけ

2015年の夏、同僚に「めちゃくちゃ汗かいてお肌つるつるになったよ!」と勧められて興味が湧き、ヨガを始めました。

それまでの私の趣味は、大学時代から続けていたボルダリング。

(この頃ではオリンピック競技になって、すっかり有名になりました。)

就職してからも、週に4~5階はジムに通い、コンペにも出るほど、打ち込んでいました。

 

一方で、慢性的な筋肉疲労に悩まされていました。

ヨガ=自己マッサージ!と思い、大手ホットヨガスタジオに通い始めました。

(ホットヨガは賛否両論あるようですが、私は純粋に楽しんでいました)

 

ヨガを実践して感じたこと

私はもともと体が硬く、かかとをつけたまましゃがめません。

開脚もできません。

また、特発性側弯症(原因不明で幼少期より背骨が回旋しながら曲がっている)と診断されたこともあります。

身体の左右差が激しく、関節がポキポキ鳴ります。

そんな体も、毎週3~4回もヨガに通っているうちに、少しは柔らかくなりました。

しかも、久しぶりに家族と会うたびに、

「痩せたね!」

「足細くなったね!」

などのコメントをもらい、ますます好きになりました。

家での自己練習の質を高めようと、2016年の春から2017年春までヨガスクールに通い、仕事をしながら資格を取りました。

現在、ヨガは家での自己練習と、パーソナルヨガレッスンをリクエスト開催しています。

顔ヨガを始めたきっかけ│ヨガで唯一痩せない部位・顔

ヨガで、ある程度(私なりに)身体のラインはすっきりさせましたが、今度は違うお悩みが。

首から下がスッキリすればするほど、顔が妙に大きく感じる……

なんだか、ゆるキャラみたいな頭と体のバランスになってしまうぞ……

 

私の顔の悩みは、主に3つありました。

1.頬の肉が多くて丸顔(しもぶくれ)
2.一重瞼
3.たらこ唇。

そこで、2017年5月、私は顔ヨガ講座を受講しました。

顔ヨガを初めて感じたこと

二週間、賞味4日で、顔ヨガのポーズを覚え、人にも教えられるようにまでなるという、みっちりプログラム。

4日間(土日×2回)は朝から夕方までずーっと顔ヨガをしたことで、目に見える効果がありました。

その後も顔ヨガを行う中で大切だと思ったことは、日々表情筋を使う意識と、顔ヨガのレッスンを「継続」することです。

顔ヨガ自体は難しくないので、「継続」できるか次第です。

 

私は現在、家での顔ヨガの自己練を行いつつ、顔ヨガのレッスンも定期開催しています。

顔ヨガ教室(名古屋)

1 時間 │¥2,000

 

オンライン顔ヨガ教室

40 分│2,000円(税込)

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら