【日本の野菜でスリランカの家庭の味】春菊のマッルン│アーユルヴェーダ料理レシピ

マッルン ブログ

マッルンは、スリランカの家庭料理で、野菜の炒め蒸しです。

甘いココナッツと一緒に炒めると、香りが強い春菊が、とても食べやすくなります。

スポンサーリンク

春菊のマッルン

マッルンとは、スリランカの家庭料理で、野菜の炒め蒸しです。

野菜をさっと炒めるだけの簡単な料理。

いろいろな野菜でできるので、バリエーションが豊富です。

蕪の葉、大根の葉、セロリの葉っぱなども、マッルンにするとなんとなくさまになります。

春菊のマッルンの材料(2人分)

 

  • 春菊 2~3束
  • オイル 小さじ1
  • マスタードシード 小さじ1
  • 塩 少々
  • ココナッツファイン 大さじ2
  • ターメリック 小さじ1/2

芽キャベツのクミン炒めの作り方

  1. 春菊を細かく刻む。
  2. ココナッツファインにターメリックを加え、和えておく。
  3. フライパンにオイルを温ため、マスタードシードを入れて、弾けたら1と塩を入れ、野菜の色が鮮やかに変わるまで炒める。
  4. 2を入れてさっと混ぜ、弱火にして蓋をし、1分ほど蒸し焼きにする。

ポイント

  • モルディブフィッシュを加えるとより本場の味。
    かつお節パウダーで代用できます。
    入れるタイミングは、ココナッツファインを入れるタイミングと同じです。
  • 玉ねぎや生姜を入れてもOKです。
    入れるタイミングは、マスタードシードを入れた後。
    お好みの状態になるまで炒めたら春菊を入れましょう。

 

このようなスリランカのアーユルヴェーダ料理は
アーユルヴェーダ料理基礎講座で学べます。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る