とうがんの栄養・保存・使い方・質│名古屋アーユルヴェーダ料理教室

ブログ

みずみずしいウリ科の野菜、冬瓜。

中医学では体の熱をさます作用があるといわれ、夏バテ予防に重宝される食材です。

とうがんの基礎知識と、普段の食卓に活用しやすいレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

冬瓜

まるまると大きな夏の野菜です。

分類 野菜類(ウリ科) 初夏~夏
原産地 東南アジア(日本には中国を経て伝来)
種類 丸形、長楕円形(「小とうがん」「長とうがん」)など、形はさまざまですが、味の違いはあまりありません。
栄養 96%が水分で低エネルギー。ビタミンC、利尿作用のあるカリウムを含みます。

とうが、かもうりとも呼ばれます。

春から秋まで出荷されますが、日もちがよく、丸ごとなら冷暗所で冬まで貯蔵できます。

ほかの瓜類がないときに用いるので、冬瓜の名がつきました。

栄養

ほとんどが水分ですが、カリウムやビタミンCを含み、利尿効果もあります。

収穫

そのままにしておくといくらでも大きくなるので、若いうちに収穫します。

果皮は、未熟なうちは淡緑色で、表面にうぶ毛が密生しています。

成熟すると毛がなくなり、白い粉をつけます。

選び方のポイント

ずしりと重く、表面に白い斑点があるもの、白い粉が吹いているものが、熟していて食べごろです。

カットされたものも同様で、切り口がみずみずしいものを選びましょう。

保存

丸ごとなら保存がききます。

涼しく風通しのよい冷暗所で保存しましょう。

いったん包丁を入れたら、早めに食べきります。

保存時は、切り口をラップなどでおおい、冷蔵庫の野菜室で保存します。

 

扱い方のポイント

皮をむいて、中の種子とわたを取り除き、ゆでてから調理します。

癖がない味なので、ほかの材料と共に煮物などに用いましょう。

種とわたを除く

わたが残っていると食感が悪いので、取り除きます。

とうがんを縦に切ってから、スプーンなどで削り取るようにして、種と、やわらかいわたの部分を取り除きましょう。

いちょう切り

とうがんを縦に半分に切り、料理に応じた厚さに切ります。

皮をむく

緑色の皮は、加熱調理してもかたくて食べにくいので、包丁で削るように薄くむきましょう。

皮むき器でむいてもOKです。

薄くむくことで、加熱すると透き通る白い身の皮に近い部分が、うっすらときれいな薄緑色に仕上がります。

緑色の部分を残してむくと、かたさが気になる場合もあります。

皮をむいたあと、包丁で格子状に細かく切り目を入れてもいいですし、かたい皮を全部むいてしまってもいいです。

 

アーユルヴェーダの栄養学

アーユルヴェーダの観点からとうがんを見ていきます。

アーユルヴェーダの栄養学の概要について
>>【アーユルヴェーダの栄養学】食材ごとに決まっている7つの性質

質(Guna)

  • 冷性
  • 重性

動作(Karma)

V↓P↓K↑

味(Rasa)

甘味

消化後の作用(Veerya)

冷性

効果(Prabhava プラッブハーヴァ)

  • 薬効効果と解毒効果にすぐれている。
  • 利尿作用、尿路結石、糖尿病に良い。
  • 排泄を整える、痛みと乾燥を整える、体の疲れを取る、頭脳を明晰にする、細胞を作り変える。
  • 体重を増やし、強さと免疫力をつくる。
  • 悪化したピッタを鎮静する。ヴァータの人、体力のない人に良い。
  • 夜夢を見る人に良い。

アーユルヴェーダの料理教室(名古屋)

アーユルヴェーダの知識や、アーユルヴェーダ料理を学びたい方は、
愛知県名古屋市の「森の時計」に是非お越しくださいませ。

 

とうがんを使ったレシピ

とうがんの葛スープ

葛粉を使って、とろりとしたスープを作ります。

葛をまとったとうがんのつややかな見た目と、食感がたまりません。

とうがんの葛スープの材料(2人分)

  • とうがん 大き目の一口大6個(200~240gくらい)
  • だし汁 2カップ
  • 葛粉 小さじ1
  • 白味噌(あるいは合わせみそ) 小さじ1
  • せり 少々

とうがんの葛スープの作り方

  1. とうがんは皮をむき、一口大に切る。
  2. 鍋にだし汁を熱し、沸騰してきたら弱火にし、みそを溶かす。
  3. とうがんを入れ、蓋をして7~8分煮る。
  4. 葛粉を少量の水で溶かし、3に入れる。
  5. お好みでせりや水菜、こねぎを飾って完成。

ポイント

  • 煮すぎるととうがんが柔らかくなりすぎてしまうので、料理を供する時間を見計らって作りましょう。
  • 葛粉の代わりに片栗粉でも代用できます。
  • だし汁がなければ、「同量のお水+めんつゆを大さじ1~2」が、即興の代用品になります。

献立例

とうがんの葛スープが汁物として活用された、ある日の献立です。

  • 魯肉飯(ルーローハン)
  • とうがんの葛スープ
  • パイナップル
  • ジャスミンティー

台湾に行った気分になる献立です。


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら