パールシュヴァチャンドラーサナ(立位の三日月のポーズ) のやり方と効果│ヨガポーズ

ブログ

ヨガのポーズ「パールシュヴァチャンドラーサナ」をご紹介します。

体側が心地よく伸び、初心者からできるポーズです。

スポンサーリンク

パールシュヴァチャンドラーサナ(立位の三日月のポーズ) の概要

立位の三日月のポーズは、体の側面を伸ばして、肋骨の間の筋肉をストレッチします。

深い呼吸をするたびに、体側に新鮮な酸素が送り込まれるので、肋骨と肋骨の間が広がり、全身が活性化されます。

サンスクリット Parsva「側面」、chandra「三日月」
特徴 左右非対称、ヒップスクエア
効果 肩こり緩和、血行を良くする、呼吸が深まる
土台・礎
力を発揮
解剖学的point 支持基底面の安定、脊柱軸伸展、骨盤ニュートラル
コンセプト・哲学 スティラ・スッカ(安定と快適)

パールシュヴァチャンドラーサナ(立位の三日月のポーズ)のやり方

  1. タダーサナから、吸う息で両手を上にあげて頭上で指を組み、人差し指を伸ばす。
  2. 吐く息で身体を右側に倒す。
    逆も行う。
    ※指を組み替えると良い。

パールシュヴァチャンドラーサナ(立位の三日月のポーズ)のポイント・内側の働きかけ

  • 肩が上がらないように注意
  • 足裏でしっかり床を押す
  • 恥骨を引き上げ、尾骨を下げる
  • 左右の骨盤は正面の壁と平行、高さを床と平行にする。
  • 伸びている体の側面に呼吸を送る

軽減法

  • 足を腰幅に広げる。

【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら