たまご(鶏卵)の栄養・保存・レシピ│名古屋アーユルヴェーダ料理教室

かごに入った卵 ブログ

完全栄養食材として知られる優秀食材・卵。

たまご(鶏卵)の基礎知識と、普段の食卓に活用しやすいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

たまご(鶏卵)

ビタミンCを除く、ほとんどの栄養を含むので、完全栄養食品とも評される食材。

割った時に卵黄がふっくらと盛り上がり、卵白が広がらないものが新鮮です。

分類 卵類
栄養 良質のたんぱく質、体では作れないアミノ酸をバランスよく含む。

 

栄養

鶏卵は、たんぱく質の重要な供給源。

脂質、無機質、糖質も含みます。

卵白に含まれる主なたんぱく質は、良質のアルブミン。
卵黄には脂質と結合したリポたんぱく質が含まれます。

卵黄にはビタミンA、Dおよび鉄も含まれています。

 

保存

とがったほうを下にして、冷蔵庫に立てて入れます。

4~5℃が適温。

冷やしすぎると殻が割れたり、味がおちたりすることがあります。

殻には無数の穴があり、においや細菌を吸収しやすいので、強いにおいのものとは一緒に保存しないようにしましょう。

 

鶏卵の特性

乳化

卵黄に含まれるレシチンには乳化性がある。そのため、油と水を混ぜることができる。

この性質を利用して、マヨネーズが作られる。

泡立ち性

卵黄や卵白は、攪拌すると泡が立つ。この特性を利用して、メレンゲやケーキを膨化する。

熱凝固性

卵のたんぱく質は、加熱によって凝固するものが多い。卵焼きや茶わん蒸し、プリンなどは、この性質を利用した料理。

たまごを使ったレシピ