【残ったきゅうり活用】オーレン風きゅうりのココナッツミルクスープ│レシピ

ブログ

夏野菜の定番「きゅうり」と黒目豆を使った、

夏らしいココナッツミルクスープのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

きゅうりのココナッツミルクスープ

実家からきゅうりをもらいました。

でも、二人暮らしのうちでは、すぐに消費できず、ちょっとくったりしてきてしまいました。

皆様にも、そのようなご経験はありませんか?

使い切れなかったきゅうり、冷蔵庫に眠っていませんか?

少し食べごろが過ぎて、しなっとなったきゅうりも、スープにすれば気にせずに食べられます。

 

オーレン風

オーレンは、南インドの料理で、優しい味のココナッツミルクスープです。

冬瓜を入れるのがポピュラーですが、瓜系の野菜ならほぼ合います。
白瓜、大根、ズッキーニ、かぼちゃなど。

このきゅうりのスープは、オーレンに似ていますが、梅干しを使って少し酸味を加えています。

きゅうりのココナッツミルクスープの材料(2人分)

  • きゅうり 小2本
  • 黒目豆 乾燥豆の状態で30cc
  • ココナッツミルク 150ml
  • 水 200~250ml
  • ココナッツオイル 大さじ1
  • マスタードシード 小さじ2/3
  • カレーリーフ ひとつまみ
  • 塩 小さじ1/6~1/4
  • 梅干し 1個(中くらいの大きさのもの)

 

きゅうりのココナッツミルクスープの作り方

  1. 黒目豆を最低3時間浸水する。
    その後洗って、水けをきっておく。
  2. 圧力鍋に黒目豆を入れ、分量外の水を、豆がひたひたに浸るくらい入れる。
    圧がかかったら、弱火にして13~15分、まめが柔らかくなるまで煮る。
  3. 豆をざるにあげ、お湯を切る。
  4. きゅうりは皮をすべて向き、乱切りにする。
  5. 別の鍋にココナッツオイルを熱し、マスタードシードを入れる。弾けてきたら、カレーリーフを入れ、火を通す。
  6. きゅうり、分量の水、塩を加え、中火で温める。
    沸いてきたら弱火にし、きゅうりが柔らかくなるまで5分ほど煮る。
  7. 梅干しはフォークなどでほぐし、ペースト状にしておく。
  8. 梅干し、3の黒目豆、ココナッツミルクを入れ、弱火で温める。

 

ポイント

  • 黒目豆の代わりに大豆、小豆などでもおいしくできそうです。
    (やったことはありませんが……)
  • タマリンドペーストがある場合は、梅干しの代わりに小さじ1ほど入れてください。
  • オイルは極力ココナッツオイルを使ってください。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら