ミニトマトの栄養・種類・ミニトマトを使ったレシピ

ミニトマトの基礎知識 ブログ

鮮やかなビタミンカラーが特徴の夏野菜、ミニトマト。

見栄えがよいため、主菜の横にそっと添えたり、お弁当に入れたりと何かと重宝します。

ミニトマトの基礎知識と、普段の食卓に活用しやすいレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

ミニトマト

トマトは種類豊富な野菜です。

トマトの中で、果実の大きさが5~30gほどの小さなトマトの品種の総称を「ミニトマト」といいます。

ミニトマトはベランダでも育てられることや、育てやすさなどから「家庭菜園」にもおすすめです。

分類 ナス科ナス属(トマト属) 6~11月
原産地 南米北西部高原地帯
栄養 カロテン、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、葉酸

原産地はメキシコ。

日本では18世紀のはじめには知られていたようですが、当時は観賞用でした。

食用として一般に普及したのは大正時代以降です。

ミニトマトの栄養

ミニトマトは普通のトマトよりも、糖度や栄養が優れています。

カロテン、ビタミンCなどが比較的多く含まれます。

リコピンやルチンなどの栄養素も豊富です。

栄養的には生食が最適です。

リコピン

抗酸化作用があり生活習慣病の予防に有効といわれています。

ルチン

血管壁を強くするといわれています。

 

選び方

角ばったものやひび割れのあるものは、中に空洞ができていることがあるので避けましょう。

保存

青いところが残っているものは、火のあたる窓辺など常温保管して追熟するのがよいです。

完熟したものは冷蔵庫の野菜室で保存します。

ミニトマトの品種

ミニトマトには沢山の品種があります。

色は赤だけでなく黄色、ブラック、グリーンなど。

形も丸いものだけでなく、卵型やイチゴ型などがあります。

ミニトマトとプチトマトの違い

ミニトマトとプチトマトは同じものです。

どちらの名前が使われていても、同じものを指してします。

好きなほうを使えばいいんですね。

ミニ⇒英語(mini:小さい
プチ⇒フランス語(petite:小さい)

ミニトマトを使ったレシピ