【レシピ】パイナップルバターミルクカレー│アーユルヴェーダ料理レシピ

パイナップルカレーのレシピ ブログ

パイナップルバターミルクカレーのレシピをご紹介します。

アーユルヴェーダ発祥の地、ケララを思わせる、夏に食べたいさっぱりとした一品です。

カレーと名前がついていますが、

ヨーグルトの酸味を感じる、スパイスとパイナップルの煮込み料理です。

スポンサーリンク

パイナップルバターミルクカレー

食べやすい大きさに切ったパイナップルの自然な甘味を感じる

さっぱりとしたカレー。

まろやかで、クリーミーになるのはヨーグルトのおかげ。

カレーリーフの香りは南国感を醸し出します。

バターミルクとは

バターミルクとは、牛乳からバターを作った後に残った液体のことですが、

日本ではあまり売っていないので、

ヨーグルトを水に溶かして作ります。

【材料】パイナップルバターミルクカレー(4人分)

  • パイナップル(可食部のみ) 200g
  • ヨーグルト 60cc
  • 水 200cc
  • 塩 少々
  • ココナッツオイル 小さじ2
  • マスタードシード 小さじ1
  • カレーリーフ 4~5枚
  • ココナッツファイン(またはココナッツロング) 大さじ2
  • ターメリックパウダー 小さじ1/8

【レシピ】パイナップルバターミルクカレー

  1. ヨーグルトと水、ココナッツファインをミキサーに入れ攪拌する。
  2. 鍋にココナッツオイルを温め、マスタードシードを入れ弾けさせる。
  3. カレーリーフを入れ火が通ったら、食べやすい大きさに切ったパイナップルとターメリック、塩を入れさっと混ぜる。
  4. パイナップルの1/3の高さまで水(分量外)を入れ、パイナップルがややしんなりするまで蓋をして煮る。
  5. 鍋に1を入れ、優しく混ぜながら弱火で温める。
  6. 器に盛って完成。

 

ポイント

  • ぐつぐつ温め過ぎるとヨーグルトが分離してきてしまうので、液体が温まったら火から外しましょう。
  • 辛味を追加したい場合は、1の行程でグリーンチリ(2~3cmくらい)をヨーグルトなどと一緒にミキサーにかけましょう。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る