屍のポーズ(シャヴァーサナ)のポーズのやり方と効果│ヨガポーズ

ブログ

ヨガのポーズ「屍(しかばね)のポーズ」をご紹介します。

ヨガの最後に行うポーズ。

仰向けになり、全身の力を抜き、体と心をリセットしましょう。

スポンサーリンク

屍のポーズ(シャヴァーサナ)

サンスクリット sava「死体」
特徴 左右対称、仰向け、リラックス
効果 全身の疲労回復、自律神経のバランスを整える、不眠を改善する、気持ちを落ち着ける
土台・礎 体の背面部

仰向けになり、全身の力を抜き、体も心も空っぽにします。

これが心地いいと感じる人もいますし、難しいと感じる人もいます。

最も重要なポーズ

シャバーサナは最も重要なポーズだと言われています。

その理由には次のようなものがあります。

  • その日のプラクティスの効果が染み込む
  • ヴァータを鎮静させる
  • 自律神経が整う
  • 様々な想念や執着を手放す練習ができる。
  • 全身の疲労を回復する

このシャヴァーサナには、

日常生活の中でも役立つエッセンスが込められています。

屍のポーズ(シャヴァーサナ)のやり方

  1. 仰向けになる。
  2. 両足は肩幅くらいかそれより広めに開く。
  3. 両手は手のひらを天井に向け、体側に伸ばす。
    全身の力を抜いて、深い呼吸を繰り返す。

 

屍のポーズ(シャヴァーサナ)のポイント・内側の働きかけ

  • 背骨から首まで自然なカーブがある状態を作る。
  • お腹や腰、お尻から余分な力を抜く。
  • 足全体の力を抜く。
  • 肩や首の力を抜き、二の腕まで床にあずける。
  • 手が身体を触れないようにする。

バリエーション

  • 膝を立てたほうが楽な場合は膝を立てて行う。
  • 妊娠中の人は、ブランケットやボルスターなどを使い、全身の力を抜く。
  • アイピローを被せたり、ブランケットをかけたりして、感覚器官を内側に向けましょう。

【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら