針の糸通しのポーズのポーズのやり方と効果│ヨガポーズ

ブログ

ヨガのポーズ「パリヴリッタ・バラアーサナ(針の糸通しのポーズ)」 をご紹介します。

猫背が気になる方におすすめのポーズです。

スポンサーリンク

パリヴリッタ・バラアーサナ(針の糸通しのポーズ)

四つん這いの姿勢から片手を反対側へ伸ばし、側頭部を床につけて脇腹や肩甲骨周辺を伸ばすポーズ。

背中や脇腹を気持ち良く伸ばしましょう。

サンスクリット Parivrtta「回転した」、Bala「子供」
特徴 左右非対称、ツイスト
効果 肩関節のストレッチ、首・肩こりの改善、ウエストの引き締め、背骨のゆがみ改善、内臓を刺激
土台・礎 膝、足

針の糸通しのポーズのやり方

  1. 四つん這いになる。足の甲を床につけるか、つま先を立てる。
  2. 息を吐きながら、右手を左手の下を通して体の反対側へ伸ばし、右肩、側頭部を床におろす。
    右手のひらは天井。
  3. 呼吸を続ける。
  4. 体をもとの状態に戻し、反対側も行う。

針の糸通しのポーズのポイント・内側の働きかけ

  • 左手(床についている手)は顔の横に置いてしっかりと床を押す。
  • 顔は自然な位置。
  • 膝や腰(お尻)の位置が動かないように注意する。

バリエーション

出来そうであれば、床においている手を、息を吸いながら天井方向に向かって伸ばす。

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら