パリガーサナ(かんぬきのポーズ)のやり方と効果│ヨガポーズ

ブログ

ヨガのポーズ「パリガーサナ(かんぬきのポーズ)」をご紹介します。

膝立ちで片方の足を延ばして行う側屈のポーズです。

スポンサーリンク

パリガーサナ(かんぬきのポーズ)

門のポーズとも呼ばれます。

体側を伸ばし、股関節を柔軟にするポーズです。

片側の股関節を開く時、骨盤を正面に向けたままにするのがポイントです。

下腹部を軽く引き締めて下半身を安定させます。

サンスクリット 「Parigha」門に取り付けるかんぬき
特徴 左右非対称、ヒップオープナー
効果
  • ウエストのストレッチ
  • ハムストリングスのストレッチ
  • ふくらはぎの引き締め
  • 背中の引き締め
  • 腰痛緩和
  • 呼吸機能の改善
土台・礎 足、膝
力を発揮 下腹部
禁忌 ひざに痛みがある場合

パリガーサナ(かんぬきのポーズ)のやり方

  1. 床の上に両ひざ立ちになる。
  2. 右脚を右へ伸ばし、足の裏を床、指先を正面へ。
    左膝は左腰の真下、右かかとと左膝が同じライン上にくるように。
  3. 右手を右ひざのあたりに軽く添え、左手を天井へ伸ばす。息を吐きながら上半身をゆっくりと右側に倒す。目線は左の指先。
  4. 数呼吸したら反対側も同様に行う。

パリガーサナ(かんぬきのポーズ)のポイント・内側のはたらきかけ

  • 1のとき両手は腰に添える。
  • 股関節から右足を90度外側に開く。
  • 骨盤は正面に向けたまま保つ。
  • 肩の力は抜く。肩と耳を遠ざけるように。
  • 体を横に倒すとき、前のめりにならないよう注意。

バリエーション

伸ばしている方の足のつま先を天井に向け、かかとで床を押す。

そうすると、足の裏側全体も伸びます。


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら