【柿を使ったおすすめレシピ】柿のシチュー│柿をおいしく消費

柿のシチュー ブログ

アーユルヴェーダの簡単料理レシピ「柿のシチュー」をご紹介します。

家にたくさん柿がある時に、大量消費できて、体もあったまる一品です。

スポンサーリンク

柿は日本古来の果物。

ビタミンC、β-カロテンなどの栄養価が豊富。

抗酸化作用があり、病気や老化、風邪予防や肌荒れ防止に役立つ素晴らしい果物です。

一方で、柿が苦手、なかなか食べきれない、ということも多いのでしょうかないでしょうか。

このレシピでは、柿を加熱する分、食べやすくなり、余りがちな柿を多めに消費できます。

柿のシチュー

シチューとは、肉や野菜を長い時間煮て、食塩・バターなどで味をつけたもの。

このレシピでは、肉や野菜の代わりに、柿を甘く煮ます。

また、バターではなく、アーユルヴェーダで最も優れているといわれるオイル「ギー」を使います。

熱に弱いビタミンCも、煮汁も一緒に飲むことで摂り逃しがありません。

とろりと甘く煮た柿は、柿の渋味や種の周りの食感が苦手な方にも食べやすいはず。

温かく、甘い柿のシチュー、冬に乱れがちなヴァータも落ち着けてくれます。

【材料】柿のシチュー(2人分)

  • 柿 大きめ1個
  • 黒胡椒 少々
  • ギー 小さじ1

<生姜黒糖シロップ>

  • 水 150cc
  • 黒糖 8~10g
  • 生姜(薄切り)2枚

特記事項

  • 柿は熟しきる前の、少し硬いくらいのものが良いです。
  • 柿の熟し具合によって、黒糖の量を調整しましょう。使わなくても良いです。
  • 黒糖以外の砂糖でもOKです。

【作り方】柿のシチュー

  1. 生姜黒糖シロップを作る。
    水、黒糖、生姜を小鍋に入れて沸かし、黒糖を溶かす。
    煮立ったら火を止める。
  2. 柿は皮をむき、種を取り除き、食べやすい大きさに切る。
  3. 鍋にギーを温め、柿を1~2分ほど炒める。
  4. 生姜シロップを入れ、蓋をして弱火で3~4分煮る。
  5. お好みで黒胡椒をふりかけ、完成。

ポイント

  • 柿は煮ている間に柔らかくなります。
    少し多めに切っておくのがおすすめです。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る