【スパイスカレー作りに適したトマト加工品】トマトピュレ・トマトペーストどれがいい?

トマト ブログ

カレー作りに頻出する材料「トマト」。

スパイスカレー作りでは、トマトペーストやトマト缶を使う場合が多いのですが、使うものによって、若干出来上がりに差が出ます。

本稿では、スパイスカレーに使えるトマトまたはトマト加工品の特徴と、カレーの仕上がりにどのような差がでるかについてご紹介します。

スポンサーリンク

スパイスカレーに必要な材料・トマト

スパイスカレーを手作りする場合、酸味または旨味をつけるために、よく使われるのがトマトまたはトマトの加工品です。

当料理教室でお伝えしているスリランカカレーには、トマトを使わないものが多いのですが、日本人が考えるカレーに寄せようとすると、トマトは必須アイテムです。

レシピには、よく「トマトペースト」や「トマト缶」、「トマトピュレ」といった記載が出てきます。

けれど、実際に材料を買いにスーパーに行ってみると、トマトペーストやトマトピュレといっても、種類がいっぱい。

本来、レシピを書いた人には、その食材を使う意図があるので、ペーストと書いてあればペースト、ピュレと書いてあればピュレ、缶とかいてあれば缶でいいわけです。

けれど、品ぞろえや値段設定、また、他の料理で使ったものを転用する場合など、レシピ通りに材料を揃えられないこともあると思います。

各材料の特徴について知っておくと、自分が作りたいカレーの方向性に合わせて、どの種類のものを購入すればよいか、あるいは、自分が手に入れやすいもので、どうレシピの完成形に近づけていけるかが分かります。

カレー作りに適したトマト・トマト加工品とは

結論として、当料理教室でおすすめするのは、

  • 3倍濃縮までのトマトピューレ
  • 3倍濃縮までのトマトペースト
  • トマト缶をミキサーにかけたもの

です。

何倍も濃縮されているタイプのトマトピューレ、トマトペースト、生トマト、その他加工品よりは、上記のものが適していると思います。

理由は、味が濃すぎず、薄すぎず、適度な量があり、水加減(水を足したり飛ばしたり)することなしに、そのまま使えるからです。

けれど、他の材料を使ってもできないわけではありません。

以下に、各トマト加工品は、そもそも何が違うのか、それぞれの特徴と、料理の際のポイントについてご紹介します。

生のトマト

トマト

生のトマトを使う場合、ざっくり切って入れるだけではレシピの「トマトペースト」替わりにはならないです。

トマトが荷崩れ、水分が飛ぶのに時間がかかります。

また、トマトの皮の部分が針状に残り、なんとも下処理ミスをしたような、アマチュアっぽい出来上がりになってしまいます。

生のトマトを使う場合は、一旦ミキサーにかけてジュースにする必要があります。

それでも、市場で出回っているトマトは、通常生食用のトマトで、水っぽいことが多く、レシピ通りの分量でも、トマトの味が薄かったり、水っぽくなってしまうことがあります。

生のトマトを使うメリットは、食材がフレッシュである、ということですが、

レシピの分量より若干多めに用意するのと、水分を飛ばす時間を考慮することが必要です。

トマトジュース

生トマトをジュースにしてから使うのなら、トマトジュースを使ったらいいじゃないか、ということになりますが、

トマトジュースは、水分が多いので、トマトピュレやペーストの代わりにはなりません。

濃度がかなり薄い、しゃびしゃびのカレーになってしまいます。

添加物や砂糖が加えられていることも多いので、選択肢から外した方がいいです。

トマトピューレ

では、当教室でおすすめしたトマトピューレは、そもそもどういったものなのか。

トマトピューレは裏ごししたトマトを煮詰めて濃縮したものです。

なので、濃さがちょうど良いのです。

酸味は少ないですが、トマトの味がしっかりしている、という特徴があります。

3倍濃縮くらいのものがベストです。

濃縮度が濃すぎるもの(6倍濃縮など)は、トマトの味が勝ちすぎて、スパイスが引き立たなくなってしまいます。

トマトペースト

トマトペーストはトマトピューレをさらに濃縮してペースト状にしたものです。

舌触りは滑らかなのですが、トマトピュレよりさらにトマトの味が強いという印象です。

当教室では、たまにカゴメのトマトペーストを使いますし、オンライン教室でも、これを用意されている生徒様がいらっしゃいます。

9倍濃縮ということは、かなりトマトの味が強い、ということです。

一袋約大さじ1杯で、トマトピューレ80gほどの威力があるように感じます。

これを使う場合は、トマトの量が減る分を、他の材料で補わなければなりません。

グレイビー(カレーのどろどろ)となる玉ねぎの量を増やしたり、水を増やしたり……

調整がうまくいけば、このペーストは一番経済的です。

トマト缶

トマト缶は、湯剥きしたトマトを煮て缶詰にしてからさらに加熱したものです。

ピュレよりは味が薄めで、酸味が強いという特徴があります。

トマト缶には、ホールタイプのものとカットタイプのものがありますが、切り方が違うだけです。

カレーに使う時には、これを事前にミキサーにかけておけるとベストです。

量がありますが水っぽくないので、美味しいカレーを作りやすいです。

 


いかがでしたでしょうか。

トマト加工品にはいろいろな種類がありますので、使いやすいもの、自分が意図したできあがりになるものを選べるとよいですね。