【ヘルシー・食べ応え抜群】丸ごと蕪サブジ│アーユルヴェーダ料理レシピ

蕪サブジ ブログ

蕪(カブ)を使ったアーユルヴェーダ料理レシピ「丸ごと蕪サブジ」をご紹介します。

蕪をまるまる1つ使った可愛らしい料理です。

スポンサーリンク

丸ごと蕪サブジ

蕪を丸ごと使ったスパイス料理です。

サブジは、インドの言葉で「スパイスの炒め物」のような意味です。

オーブンで焼くことで、蕪の甘味が凝縮します。

蕪サブジ

【材料】丸ごと蕪サブジ(3~6人分)

  • かぶ 6個
  • オイル 大さじ4~5
  • クミンシード 大さじ1
    <A>
  • 塩 小さじ1/3
  • クミンパウダー 小さじ2
  • ターメリックパウダー 小さじ1/2
  • チリパウダー 小さじ1/3

【レシピ】丸ごと蕪サブジ

  1. 蕪は根本から2cmほどのところで葉を落とし、ボウルに入れ、流水でよく洗う。
    洗ったら上から7分目くらいのところまで、包丁で放射状に切り込みを入れる。
  2. 1に分量外のオイルをからめ、200℃のオーブンで20分ほど柔らかくなるまでローストする。
  3. Aのスパイスと塩を合わせておく。
  4. フライパンにオイルを熱し、クミンシードを入れる。周りがじわじわして煙が立ち、いい香りがしてきたら弱火にし、Aを入れ油になじませる。
  5. ローストした蕪を入れ、トングで時々ひっくり返したり、スプーンでスパイスをなじませた油をまわしかけたりしながら、油とスパイスとよくからませる。

ポイント

・赤カブを使う場合はターメリックを入れないほうが色がきれいです。
・パウダースパイスは焦げやすいため、必ず事前にブレンドします。
また、焼くときは焦げないように手早く行いましょう。

蕪サブジ

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る