【ひんやり・シャキシャキの凍りのお菓子】ココナッツグラニテのレシピ

ココナッツグラニテ ブログ

アーユルヴェーダの料理レシピ「ココナッツグラニテ」のレシピをご紹介します。

フランス生まれの氷菓子「グラニテ」をココナッツミルクで作りました。

スポンサーリンク

ココナッツグラニテ

ココナッツグラニテ

フランス料理のコースで提供されるシャーベット状の氷菓を、ココナッツミルクで作りました。

グラニテの意味はフランス語で「ざらざらした」。

ソルベと比べて氷の粒が粗く、シャリシャリとした食感が特徴です。

【材料】ココナッツグラニテ(作りやすい分量)

  • ビート糖 30g
  • 水 50ml
  • ココナッツミルク 200ml
    <トッピング(お好みで)>
  • 緑豆、小豆、ナタデココ、タピオカ、フルーツなど

代用・特記事項

  • 普通の砂糖でもOKです。

【作り方】ココナッツグラニテ

  1. ビート糖と水を小鍋に入れ、弱火にかける。
    泡だて器でよくまぜ、ビート糖が溶けたら、そのまま弱火で1分に立てる。
  2. 火を止め、ココナッツミルクを入れ、泡だて器で混ぜる。
  3. 蓋つきの丈夫な保存容器に入れ(またはボウルに入れ、ラップをする)、冷凍庫で2時間冷やす。
  4. 2時間経ったら泡だて器で凍った部分を砕き、かき混ぜる。再び冷蔵庫で冷やす。
  5. 1時間経ったら冷凍庫から取り出し、泡だて器で凍った部分を砕き、かき混ぜる。
    これを1時間おきに2~4回繰り返す。
  6. 細かく砕けたら、容器に入れたまま冷凍庫で保管する。
    2~3週間のうちに食べきる。
  7. 食べる時はお好みのトッピングと一緒に、または単体で。

ココナッツグラニテ

↑こちらはゆでた緑豆、パイナップルと一緒に盛り付けたココナッツグラニテ。

ポイント

  • 砕く時、泡だて器だとやりにくい場合はフォークを使いましょう。

【動画】ココナッツグラニテの作り方

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る