【オーブンで作る】さつまいもチップスとドライアップルのレシピ・作り方

さつまいもチップスとドライアップル ブログ
さつまいもチップスとドライアップル

人気のベジおやつ「さつまいもチップス」と「ドライアップル」のレシピをご紹介します。

素朴なおいしさをご堪能くださいませ。

スポンサーリンク

さつまいもチップス

カフェメニュー

素朴なおいしさのさつまいもチップス

オーブンを使えば、ヘルシーなさつまいもチップスを簡単に作ることができます。

おやつやおつまみにぴったりです。

サラダに混ぜ込むと、カフェで食べるような、おしゃれなサラダに仕上がります!

【材料】さつまいもチップス🍠(作りやすい分量)

  • さつまいも 1本
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 塩 少々

【作り方】さつまいもチップス

  1. さつまいもを3mmほどの厚さに切り、15分ほど水にさらす。
  2. 水けをキッチンペーパーなどでよく拭き取り、オリーブオイルと塩を軽くコーティングする。
  3. クッキングシートを敷いた天板に重ならないように並べ、180℃のオーブンで10分焼き、裏返して、もう10~15分焼く。

さつまいもチップスとドライアップル

↑天板に並べた時の様子。

途中で、次にレシピをご紹介するドライアップルのりんごを一緒に焼けます。

ドライアップル

りんごの甘味がぎゅっと詰まったヘルシーなおやつ。

オートミールの甘いお粥

オートミールの甘いお粥

オートミールの甘いお粥にのせたり、ケーキに飾ったり、サラダに混ぜたりと、使い方はいろいろです。

焼いている間に、ほんのり甘い良い香りが漂ってきます。

作ってすぐ食べる場合は、多少湿り気があっても大丈夫ですが、1~2日後まで食べる場合は、長時間ローストして、しっかりと乾燥させましょう。

【材料】ドライアップル(りんごチップス)🍎(作りやすい分量)

  • りんご 1/2個

【作り方】ドライアップル(りんごチップス)

  1. りんごを2~3mmほどの厚さに切り、塩水に10分ほどさらす。
  2. 水けをキッチンペーパーなどでよく拭き取る。
  3. クッキングシートを敷いた天板に重ならないように並べ、180℃のオーブンで10分焼き、水分を飛ばす。
    ※さつまいもを10分焼いた後、ひっくり返すタイミングでりんごを入れると良いです。
  4. オーブンの温度を100℃にし、30分ほどローストし、ひっくり返して、さらに30分ほどじっくりローストする。

ポイント

  • オーブンの火源により、よく焼けるところと焼けないところがある場合は、時々天板の向きを変えましょう。
  • チップスを作っている間は、そばを離れず、焦げていないか見張っていてください。
    特にりんごは温度が高いとすぐに焦げてしまいます。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る