【鶏胸肉をしっとり仕上げる☆茹で汁は出汁に】茹で鶏の作り方

茹で鶏 ブログ

鶏胸肉をしっとり味わう「茹で鶏」のレシピをご紹介します。

鶏胸肉はサラダや汁物の具などなんでも使えますし、湯で汁は出汁として活用できます。

スポンサーリンク

茹で鶏

茹で鶏

シンプルな茹で鶏。

お鍋で放っておけばできるお手軽レシピなので、講師もよく作っています。

そのまま食べても、塩コショウ、ポン酢など、お好みの味付けで食べてもおいしい!

嬉しいのは、副産物としての出汁。

これがあれば、鶏ガラスープの素やコンソメは必要ありません。

【材料】茹で鶏( 1枚分:1~2人分)

  • 鶏むね肉(皮つき) 1枚
  • 塩 小さじ1
  • 酒 大さじ1
  • 水 600ml
  • 生姜(薄切り) 2枚

【作り方】茹で鶏

  1. 生姜はよく洗って皮つきのまま薄くスライスする。
  2. 鍋に水500ml、酒、塩、生姜を入れ中火にかける。
  3. 沸騰したら水100mlを加え、そのあと鶏肉を入れる。
  4. 再び沸騰したら弱火にし、時々上下を返しながら、3分ゆでる。
    鍋にふたをし、30分おく。
  5. 余熱が取れたら容器に湯で汁こと移し、冷ます。
  6. 食べやすい大きさに切り、お好みの調味料または副菜を添えて食べる。

ポイント

  • 時間があれば、塩小さじ1、砂糖小さじ1、酒大さじ1をからめ、15~20分間おいてからゆでましょう。
    この場合ゆでる時に塩と酒は入れません。
  • 保存する場合は落しラップをして冷蔵保存します。
  • 密閉容器に入れて冷凍保存も可能です。
    早いうちに食べきりましょう。

茹で鶏を活用した料理

茹で汁の活用

ゆで汁はブイヨン・鶏出汁として使えます。

うっすら塩味がついているので、野菜を入れてそのまま煮るだけでスープになります。

冷えると、取りの脂肪分が凝固して、白く浮いて見えます。

この油はざるで濾すか網ですくって取り除いておきましょう。

茹で汁を活用した料理

 


是非、作ってみてください。

『森の時計の料理手帖』