【濃厚クリーミー】モロッコの豆料理ベッサラ風ダルスープの作り方・レシピ

ベッサラ風ダルスープ ブログ

モロッコの豆料理「ベッサラ」のレシピをご紹介します。

本場のものはバターやオリーブオイルをたっぷり使いますが、アーユルヴェーダ風にアレンジして、ヘルシーに。

スポンサーリンク

ベッサラ風ダルスープ

ベッサラ風ダルスープ

モロッコの朝の定番メニュー「ベッサラ」。

モロッコではそら豆を使いますが、このレシピではアーユルヴェーダ料理に良く出てくるひきわりの緑豆(皮なし)と、トゥールダルを使います。

最後にオリーブオイルをかなりたっぷりかけ、モロッコの平たいパンと一緒に食べるのが本場流です。

濃厚な豆の風味とクリーミーな舌触りが特徴です。

【材料】ベッサラ風ダルスープ(2人分)

  • ひきわりのムング豆 25cc
  • トゥールダル 25cc
  • ニンニク 1/2片
  • 玉ねぎ 1/4個
  • オリーブオイル 小さじ1
  • クミンパウダー 小さじ1/4
  • ターメリックパウダー 小さじ1/4
  • パプリカパウダー 少々
  • レモン汁 小さじ2
  • 塩 小さじ1/3

【作り方】ベッサラ風ダルスープ

  1. トゥールダルは良く洗い一晩浸水させる。
    ムング豆もよく洗っておく。
  2. 圧力鍋にオリーブオイルを温め、スライスしたニンニクと玉ねぎを炒める。
  3. 玉ねぎがうっすら透明になってきたら、水を切った1の豆を入れ、クミンパウダー、塩、ターメリックパウダーを入れ、さっと混ぜる。
  4. 水を豆の1cmくらい上まで入れ、一旦煮立たせる。
  5. 湧いてきたら蓋をしめ、弱火に、圧力鍋で10分ほど煮る。
  6. 豆が柔らかくなったら、粗熱を取り、ミキサーにかける。
  7. ペーストかポタージュ状になったら、鍋に戻して再び弱火にかける。
  8. お好みの濃度になるようにお湯を足し、レモン汁を入れる。
  9. 塩で味を調え、器に盛る。パプリカパウダーを振りかけて完成。

ポイント

  • そら豆でも作れます。
  • 器に盛った後、お好みで、オリーブオイル、レモン汁を足してもいいです
    ミントなどを飾ると綺麗です。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る