【旨味たっぷり】白身魚のつみれスープ(魚丸湯)のレシピ

魚のつみれスープ(魚丸湯) ブログ

「白身魚のつみれスープ」のレシピをご紹介します。

魚のすり身団子がふわっふわで、旨味たっぷりです。

スポンサーリンク

白身魚のつみれスープ(魚丸湯)

魚のつみれスープ(魚丸湯)

台湾風白身魚のつみれスープ・魚丸湯(ユーワンタン)。

ふわふわ、もちっとした魚のつみれがおいしい♪

豆腐も入ってヘルシーです。

スープの作り方はとてもシンプル。

時間とともに魚丸(魚のすり身団子)から旨味が出てくるので、半日ほどおいてから食べてもおいしいですよ♪

【材料】白身魚のつみれスープ(2人分)

  • 真鱈(皮・骨なし) 100g
  • セロリ(みじん切り) 大さじ3
  • かつお出汁 600ml
  • 塩 小さじ1
  • パクチー(お好みで) 適量
  • 黒胡椒 少々

<A>

  • 木綿豆腐 100g
  • 片栗粉 大さじ2
  • 砂糖 大さじ/2
  • ごま油 大さじ1/2
  • 植物油 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1/2
  • 白コショウ 少々

代用・特記事項

  • 鱈⇒鯛でもOKです。

【作り方】魚のつみれスープ(魚丸湯)

  1. 鱈は皮、骨がある場合は除き、ぶつ切りにする。
  2. フードプロセッサーに鱈を入れ、攪拌する。
    滑らかになってきたら<A>の材料を全て入れ、さらに攪拌する。
    滑らかなペーストにする。
  3. セロリをみじん切りにする。
    鍋にかつお出汁を温め、塩とセロリを入れる。
    沸いてきたら弱火にする。
  4. 2のペーストを、小さじ1~2ほど取り、二つのスプーンを使って団子にし、3のスープに落とす。
    ペーストがなくなるまで繰り返す。
  5. 最後の団子が入ってから3~5分ほど煮て火を通す。
  6. 器に盛り、お好みで黒胡椒をふり、パクチーを散らす。

魚のつみれスープ(魚丸湯)

ポイント

  • 塩が偏ると、団子により味の濃さにばらつきが出てしまうため、よく攪拌しましょう。

このレシピで使った食材の基礎知識


是非、作ってみてください。

『森の時計の料理手帖』