【話題のヘルシーフードで★簡単】ヴァータを整えるオートミールのレシピ

ヴァータバランシングオートミール アーユルヴェーダ料理レシピ

ヴァータバランシングオートミールのレシピをご紹介します。

ヴァータドーシャを整えられるようアレンジを加えた、オートミールの簡単レシピです。

スポンサーリンク

ヴァータバランシングオートミール

ヴァータバランシングオートミール

オートミールはヘルシーフードとして、久しく注目を集めています。

サットヴァな物質(ドラッヴィヤ)に思えるこの穀物の性質(グナ)は、柔・重・温・油(粘性とも)で、味(ラサ)は自然な甘味です。

この性質と味は、ヴァータドーシャをバランスします。

もっとヴァータドーシャのことを考えて作るなら、ワンポットミール(具沢山のスープのように、全ての食材が一皿の中で融合している)がより適切です。

これらを考慮に入れて、穏やかなスパイスを使った、ヴァータのためのオートミールを作りました。

なお、こちらの記事でもオートミールの基礎知識を紹介しています。
>>栄養豊富なオートミールのおいしい食べ方と簡単レシピ

【材料】ヴァータバランシングオートミール(1人分)

<A>

  • クイックオーツ 30g
  • ジンジャーパウダー 100g
  • シナモンパウダー ひとつまみ
  • クミンパウダー ひとつまみ
  • ナツメグパウダー 少々
  • カルダモンパウダー 少々

<↑Aここまで>

  • 塩 少々
  • 水 150~200cc
  • バナナ 60~70g
  • レーズン お好みで
  • メープルシロップ 適宜
  • ギー 小さじ1/3~1/2

使っている食材

代用・特記事項

  • 私はメープルシロップを甘酒で代用しました。
    発酵食品は酸味を持つことを考えると、ピッタドーシャが悪化している時には代用しない方がいいかもしれません。
  • 「生の果物を他の食品と混ぜてはいけない」とアーユルヴェーダの先生から教わった方もいると思います。
    けれど、果物と特定の食品を一緒に調理すると、食品の品質が変化し、より適合性が高くなる可能性があります。
    もし、ご自身のアグニが弱く、消化が困難に思えるなら、バナナ(あるいはレーズンも)なしで作ってみてください。

【作り方】ヴァータバランシングオートミール

  1. <A>と塩を鍋の中で混ぜ合わせる。
  2. バナナは乱切りまたはサイコロカットする。
  3. 鍋に水、バナナ、お好みでレーズンを加え、弱火にかける。ぐつぐつして、とろみが出てきたら程よいところで火を止める。
  4. 器に盛り、メープルシロップとギーをかけ、混ぜて召し上がれ。

この料理で使った食材の基礎知識

オートミールを使った他のレシピ

 


オートミールほど簡単に準備できる穀物はありません。

是非、試してみてください。

♡インスタグラム(@little.coa)もマイペースに更新中です♡
フォローしていただけると嬉しいです。