【スパイス×ジビエ】スリランカ風イノシシの煮込みのレシピ

ブログ

スリランカ風イノシシの煮込みのレシピをご紹介します。

イノシシを入手することは少ないと思いますが、豚肉で代用可能です。

スポンサーリンク

スリランカ風イノシシの煮込み

お世話になっている方からイノシシのお肉をもらいました。

しっっっかりと処理をされていて、全く臭みのないイノシシ肉でした。

ということで、伝統的なスリランカのスパイスを使って、カレーを作ることにしました。

カレーといっても、日本人に馴染みのある、とろっとしたグレービーのカレーではないので、

「スパイス煮込み」という名前にすることにしました。

イノシシの肉を入手することは少ないと思いますが、豚肉(カレー用)で代用可能だと思います。

イノシシの肉、赤身が多くて、食べると血がたぎる感じがしましたね。

いつも以上に、生き物をいただいているということを認識しました。

【材料】スリランカ風イノシシの煮込み(3~4人分)

  • にんにく 大1片
  • しょうが 1片
  • 玉ねぎ 1/2個
  • カレーリーフ 8枚
  • レモングラス(茎) 5cm×4本
  • トゥナパハ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/6
  • 油 大さじ1
  • 酒 100cc
  • まいたけ 1パック
  • エリンギ 1パック
  • ニラ 4~5束

<A>

  • イノシシの肉 600g
  • トゥナパハ 小さじ2
  • チリパウダー 小さじ2/3
  • ゴラカペースト 下記全量
  • カルダモンパウダー 小さじ1/2
  • クローブパウダー 小さじ1/3
  • 塩 小さじ1

<ゴラカペースト>

  • ゴラカ 2粒
  • 水 30ml

代用・特記事項

  • ゴラカが手に入らなければ、小さじ2~大さじ1くらいのタマリンドペーストを入れると良いと思います。
  • イノシシの肉は豚肉で代用可能です。
  • カレーリーフ、レモングラスは省略可能です。

【作り方】スリランカ風イノシシの煮込み

  1. ゴラカペーストを作る。ゴラカを一晩分量の水に浸し、柔らかくする。ミキサーにかけ、ペーストにする。
  2. イノシシの肉は一口大に切る。<A>の材料をマリネし、30分以上おく。
  3. 生姜とにんにくを乳鉢と乳棒で砕いて粗いペーストにする。玉ねぎは幅1cmにスライスする。
  4. 圧力鍋に油、トゥナパハを加え、香りが出るまで弱火~中火で炒める。
  5. 生姜、にんにく、カレーリーフ、レモングラスを加え、スパイスとよく混ぜ合わせる。玉ねぎを加え、中火で3分ほど炒める。
  6. 2を加え、肉の表面の色が変わるまで炒める。酒を加える。蒸気が立ち、アルコールが飛んだと思われたら蓋をする。圧がかかったら弱火で15分調理する。
  7. オーブンを200℃に予熱する。耐熱皿にクッキングシートを敷き、まいたけ手で割いて乗せる。エリンギは食べやすい大きさに縦にカットして並べる。200℃のオーブンで20分ローストする。
  8. 圧力鍋の圧が抜けたら蓋を開け、塩で味を調える。
  9. ローストしたきのこ、5cmほどの長さに切ったニラを加え、中火で1~2分ほど煮、ニラに火が通ったら完成。

ポイント

  • きのこをローストすると風味が出ます。
    カレーも水っぽくならないので、ローストするのがおすすめですが、ローストせずに入れてもOKです。
  • 圧力鍋がない場合は、普通のお鍋で、お肉が柔らかくなるまで煮てください。