【アーユルヴェーダの朝ごはんレシピ】貧血防止にブレークファストグレイン

アーユルヴェーダ的な朝ごはん♡

レーズンとバスマティライスを使った朝ごはんのレシピです。

アーユルヴェーダの朝ごはん

 

 

 

 

 

・ブレークファストグレイン
・リンゴソース

今日はこのうちブレークファストグレインの作り方をご紹介。

お米とレーズンのブレークファストグレイン

バスマティのお米をレーズンと一緒にお鍋で炊きました。
バスマティはすぐ炊けます。

ギーやシナモンなどのスパイスと一緒に煮ます。
シナモンやクローブは身体を温めるので、冬にぴったりです。
甘味は、レーズンだけで十分。

材料(2人分)

  • バスマティライス 90cc
  • レーズン 25g
  • 水 360cc(4倍)
  • ギー 小1
  • 塩 少々
  • 刻んだ生姜 少々
  • クローブパウダー ひとつまみ
  • シナモンパウダー 少々
  • バニラビーンズ(orバニラエクストラクト) 少々(なくても可)

 

作り方

  1. すべての材料を鍋に入れる。
  2. 火にかけて沸騰したら弱火にし、15~18分くらいコトコト煮る。

 

リンゴソース(リンゴの煮物)

付け合せのリンゴソースは、ソースというか、りんごの煮物です。
こちらもスパイスを使っています。

水の量を調整すれば汁の量を自分好みに決められます。
会社の同僚にリンゴを煮たやつは、食感がふにゃっとしていて苦手、という人がいました。

これは、ふにゃっとしていますが、大丈夫な人は、きっとおいしく頂けるでしょう。

(リンゴソースの作り方はまた別途)

果物はほかのものと一緒に食べてはいけないといわれます。
でも、消化力が正常な時ならば、少しくらいなら問題ありません。

消化力の重要性についてはこちらの記事をご覧ください。
>>消化の火・アグニとは

>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る



【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら