あの食材を使ってカレー!?アーユルヴェーダの簡単ランチ

ヨガとアーユルヴェーダを生活に取り入れているakiの日常のご飯。

今日はランチです。あの食材を使って、カレーを作りましたw

本日のアーユルヴェーダランチ

 

 

 

 

 

・日本米

・さといもの煮物

・あずき豆のデザート風

・カブカレー

 

香取薫先生監修レシピ★カブでカレー?

カブカレーは、アーユルヴェーダ食事法理論と実践(香取先生著)に掲載されているレシピです。

ももかぶが売っていたので、それを使いました。
生でかじっても十分甘い、おいしいカブです。

作り方はとても簡単でした。
カレーという名前がついていますが、”あの”カレーとはもちろん違います。

カブの甘味を強く感じるので、塩気のあるもの、酸味のあるものを他のメニューで加えると満足感が得られると思います。チリパウダーを入れているので、カブカレー自体は甘味と辛味です。苦味もあります。

マイラ先生監修レシピ★あずき豆のデザート風

あずき豆のデザート風は、マイラ先生の簡単お料理レシピから。
甘味はメープルシロップです。

あずきは、今日のお料理の中ではタンパク源ですね。ムング豆の次に消化がいいのはあずきだそうです。

じゃがバター並みのインパクト★ギーで炒めたさといも

さといもは、オーグメンティングの一品です。昔からなじみのある”さといもの煮っころがし”ほど、甘辛いものではありませんが、塩味とさといものホクホク感がいい感じです。

ギーを使っているので、じゃがバターを彷彿とさせる風味もあります。

日本米、白米です。安定の味です。

 

食べた後の感覚

さといもは一個分食べているし、あずきもそれなりに量があったので、少し重い感じがします。

カブカレーは、小ぶりのカブを二つ使って、すべて平らげてしまいましたが、さらっとしてて、軽い感じです。

少し、租借が足りなかった感じがあります。反省・・・
なぜ、急いで食べてしまうんでしょう?
やりたいことリストが常に頭のそばに浮かんでいて、これらとどう付き合うかが、もっぱら私の課題です。。

 

【関連記事】日々の食卓

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら