出来立てのギーで蕎麦の実と玄米の朝食_アーユルヴェーダ料理教室

ギーを作りました。

ギーは1,000の効能があるといわれるオイルで、アーユルヴェーダでは料理だけでなくマッサージや点鼻、点眼にも使ったりします。
私はまだやったことがありませんが・・・

中火で無塩バターを溶かし、小さな泡ができてきたら弱火にします。

だんだんと泡が大きくなってつながってきます。ぱちぱちという音がします。

音が小さくなって、もう一度小さな泡になってきます。
音がなくなって、泡をよせてみて透き通った黄金色になっていたら完成。

アーユルヴェーダ料理教室でも販売します♡
直近の体験会の予定はこちら

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。不飽和脂肪酸の中でも必須脂肪酸である「ω(オメガ)3」「ω6」は、体内で合成できないため、食事から補わなければならない油です。

ω3…アマニ油、しそ油、青背の魚の油
ω6…サラダ油、ごま油、コーン油、マヨネーズ

ギーには、ω3とω6が、バランスよく含まれています。

また、ギーに含まれる短鎖脂肪酸はエネルギー源としてすぐ使われ、体脂肪として蓄積されにくいため、肥満を防ぐ効果があります。また、腸内細胞の悪玉菌の増殖を抑えたり、腸の炎症を抑えたりする作用もあり、腸内環境を整える助けになります。

蕎麦の実と玄米の朝食

そんなギーを作った後、お鍋に残った油も利用して新しいレシピに挑戦です。
また、Hale Puleのレシピを使いました。

蕎麦の実を家で使ったことはありますか?
私は初めてでしたが、こんなとろとろになるんですね。
ギーと塩、スパイスで味付けです。味付けといってもそんな派手な味にはなりませんが、出来立てのギーのかおりがして、幸せ。。

満足感が得られます。でも、お昼前にはちゃんとお腹が空きます。

バーリー(大麦)・黒目豆とひじき・かぼちゃ・タアサイとアルファルファ

そんな今日の昼食。今日は全体的に汁多めにしました。バーリーはごま油と塩をわずかに入れて炊きました。豆や野菜を調理したときの水分とからんで、いい感じになりました。

かぼちゃはかぼちゃの甘さだけ、シナモンとコリアンダーパウダーとギーを使います。醤油とみりんを入れて作る、慣れ親しんだあのかぼちゃの煮つけにも負けないインパクトです。

タアサイは安価でここ最近よく登場します。。アジョワンが、少し苦手みたいです、私(笑)

2月 アーユルヴェーダ料理体験会
スケジュールはこちら