アーユルヴェーダやヨガを友人や家族にどう語るか②(AHC講義を受けて)_横浜アーユルヴェーダ料理教室

昨日のブログは以下の点についてお話しました。

  • ヨガやアーユルヴェーダについて語るのに難儀した個人的な経験
  • 興味を持ってもらうための方法
    ──自分変わる様子を見て興味をもってもらう

先生の話の次のポイント

大切なのは、その人自身が何を信じるか

先生はある女性とその息子夫婦の話を例に、アーユルヴェーダが最も効果を発するのは(アーユルヴェーダに限らないかもしれない)、その人が良くなると信じている場合だ…ということをお話してくれました。

信じるにあたっては小さな成功体験が必要でしょうから、最初だけは、疑い半分になるのはやむを得ないような(私がそうでした)気がしますが、
押しつけはよくない。なのでまず簡単で集中できることから始めてもらうと良い。とのことでした。

*アーユルヴェーダを伝えるステップ*

自分が感得し、
周りの人に興味をもってもらい、
小さなことから勧めてみる…

これを考えると、アーユルヴェーダをやるにはまず太白ごま油を買ってキュアリングしなきゃいけないと思った私は、ちょっと飛躍しましたね。。


さて、ここからは表題とは関係ありませんが

今日は久しぶりに青山ファーマーズマーケットに行ってきました!

いつも、料理教室のため石川町におりますので……
明日のアーユルヴェーダカフェのための食材を購入しましたょ♡

近くでもファーマーズマーケットが開催されるといいんですけど・・・
ここでしか買えないものもあって・・・

誰か横浜・関内近郊でおすすめの八百屋さんがあったら教えてください><

アーユルヴェーダカフェは東京・中野坂上にて毎週日曜営業します♪
メインは週変わりのアーユルヴェーダランチプレートです。