Hale Pule_ゲストブログが投稿されました(アーユルヴェーダ入門講座を終えて)

Hale Puleはマイラ・リューイン先生が創設・ディレクターをするアーユルヴェーダとヨガの学びの場。

2回目のゲストブログを、本日UPしていただきました。

私は今、Hale Puleのアーユルヴェーダヘルスカウンセリングプログラムを受講しています。
その講座の入門編を終えた時点での感想や、何が変わったのか、学ぶ過程はどうだったのか・・・
そんなことを書いています。

これから受講しようか迷っている方、アーユルヴェーダが気になっている方、あくまで私個人の例ではありますが、見て頂けると嬉しいです♪

***

 

私は2017年の7月・ベトナムインテンシヴにてマイラに出会いました。
アーユルヴェーダというよりヨガを深めたくて参加したリトリートのつもりだったのが、その時マイラの話がやけに心に響いて・・・
※詳しい歩みは1回目のゲストブログに載せていただきました。

私はマイラの言っていたこと、アーユルヴェーダの力を信じていて、
2020年の1月には、口頭試問を受けてヘルスカウンセラーの資格を取り、
その知識や情報、生き方を、それを求めている人に届けたいと思ってます!

一部の人にはとうてい信じられないかもしれないけど、その道にまっすぐ進めるように仕事をやめて、今はもっと、そのために役に立つ仕事を探しているところです。

うまくいくか、怖いんだけど(^^;

あんまり気にしないようにしてるけど、いろいろな夢をみるくらいには、不安なんだけど(^^;;

でも、こうやって試行錯誤していると、私が今までの職場で使っていた力より、ずっと前、小さいころから得意としていた力の方をメインで使えて、そのことが嬉しい。
というか、相当遠回りしたけど、結局この力を生かす方向に戻ってきて、それが当たり前だったんだなって思います。。
(独白チックになってしまいすみません)

 

***

昨日、私はなぜ、あれとかそれとか、これをやってるんだっけ?と、たくさんの取り組みが何につながっているのか、達成されると周りにどんな影響を与えるのか、書いてみたところです。

トッププライオリティ―(人生においてやりとげたいこと、目的、優先順位)がなんなのか、時々意識を戻すことは大切です。

時々、自分の行動が、トッププライオリティから派生した小さな目標に向かっていることがあるからです。大きな幹でなく小さな枝をめざしてしまっていることが。

とりとめもない内容になってしまいすみません(汗

さて、ブログに載せてもらったAHCのネタに戻りますが、私は今AHCの入門を終えて、これから本筋に入っていくところです。
が、早くもインド哲学の概念でつまずいています。。

サーンキヤ哲学を私たちの生活にあてはめて解説できる方がいらしゃいましたら、是非教えてくださいませ(笑)