生理のお悩み・貧血に効く_女性に良いスパイス・サフラン

こんにちは!
森の時計 ヨガ&アーユルヴェーダのakiです。いつも読んでいただきありがとうございます。

本日はサフランについて取り上げます。
スパイスはたくさんあるので、一気に全部覚えるのは難しいですね。
気になったものから、一つずつ……という姿勢で取り入れてみると、続けやすいですよ!


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けする情報を発信するブログ
ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


サフランの効果効能・適応症とは

「サフラン」を知っていますか?
ほとんどの方が、知っているでしょう。パエリアの黄色を生み出しているアレです。

サフランの効果効能は以下の通りです。

  • 血液浄化作用
  • 神経強壮作用
  • 強精作用
  • 肝臓解毒作用
  • 月経促進作用
  • 若返り作用

適応症

  • うつ病
  • 生理痛
  • 月経不順
  • 更年期障害
  • 貧血
  • ヒステリー
  • 神経痛
  • リウマチ
  • 喘息

サフランの黄色色素であるカロテノイドの一種「クロシン」の摂取が大腸がん予防に効果があるとする研究もあるそうです。

使用上の注意

堕胎作用、子宮収縮作用、通経作用があり、妊娠中の摂取は禁忌と言われます。ご注意ください。


また、麻薬作用、催眠作用などがあり、5g以上で重篤な副作用をもたらす恐れがあります。
摂取は少量にしましょう。。

生理痛や月経不順、更年期障害、貧血などに効く女性の心強い味方

効果効能、適応症のリストを見るだけでも、サフランは女性にとって心強い味方であることが分かりますね。

アーユルヴェーダは心と体を決して切り離さない考え方です。サフランは女性の身体のサイクルを適正化して、結果メンタルにいい影響を及ぼします。逆もまた然りです。

赤裸々に話をすると、私は生理痛やら生理前の気分の浮き沈みは全くない(はず)のですが、周期が狂いがちで……

今までに3回、それで産婦人科に行ったくらいです。
高校生の時、就職1年目、前職で本社に異動になった直後……それぞれ、極端なダイエット、環境の急激な変化、オーバーワーク。

後者2回は、精神的な影響が大きかったのだと思います。
今も、周期が乱れがち……そんな心身をサポートしてくれるスパイスなら、積極的に(でも程々に)摂りたいです。

肝臓解毒作用

今の職場の先輩のお友達が、肝臓を悪くして入院しており、その方の話題が出ます。尿がコーヒーのような色だと聞きました。どうしてコーヒーのような色になるのですか?と聞くと、解毒できないからだと答えられました。

肝臓は体の中で最も大きい臓器で、たくさんの酵素を使い、栄養素など様々な物質を化学的に作り変えます(化学変化を起こす)。
主な働きは以下4つです。

  1. 胆汁をつくる
  2. 栄養素を貯え、変化させる
  3. 毒を中和する
  4. 免疫細胞を働かせる

サフランは、このうちの「3.毒を中和させる」のサポートをする……ということでしょうか?専門家でないのでよく分かりませんが、詳しい人に出会ったら聞いてみようと思います。
ちなみに「毒」とは食品添加物や薬物、細菌などのことをいいます。

知れば知るほど、サフランを取り入れたい気持ちになります!

大手メーカーS(ほぼそのまま!笑)の小瓶に入っているので0.4g、4人分のパエリアを作るのに0.2gくらい使うそうです。一回あたり2~300円くらいサフランだけで使うわけですね。。

高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが……

サフランって何なの?

アヤメ科の花のめしべを乾燥させたものです。サフランの花1輪から3本ほどしか摂れない貴重なものですよ!

原産国は主にイランです。

高価なスパイス・サフラン

幸運なことに品質が良いサフランが手に入りました!
生徒さんの体調をお伺いし、適応症にあてはまれば、サフラン4~5本にお湯を入れて、サフランティーにしたものを飲んでいただくこともあります。

サフランライスはこの間のアーユルヴェーダ料理体験会でお出ししました。


料理教室などでも少しずつ使っていきたいと思います。

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】

◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら