【飽きたとは言わせない!】簡単に作れるキッチャリーのバリエーション

キッチャリーを家で作っているけど、飽きてきた……

そんな方のために、キッチャリーの様々なバリエーションをご紹介します。

なお、キッチャリーはアーユルヴェーダクッキングアドバイザー(以下ACA)の初回のレッスンで学べます。

詳しくはこちら
>>アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコース

バリエーションを増やせば飽きない!キッチャリーのアイディア

キッチャリーは、入れる野菜や、使う穀物、トッピングを変えることによって、無限にバリエーションを増やすことができます。

そもそもキッチャリーってなに?
と思った方はこちらの記事をご覧ください。

>>【美意識の高い女子は知っている!】インドの豆粥キッチャリー

 

シンプルなキッチャリー

写真は、ごはんと、ご飯の8倍くらいの水、ギー、塩、ほんの少しのターメリックで作ったお粥です。

消化力がほんとうに落ちている時は、こういう豆も野菜も入れない、もう本当にシンプルなお粥にしましょう。

私がアーユルヴェーダを学んだからこそお粥にプラスするのは、ギーとターメリック、生姜です。

渋味と独特のにおいが加わるのが嫌な場合は、ターメリックをのぞいてください。

さつまいものお粥

 

甘味がほしいときは、サツマイモをサイコロ状に切って入れます。

 レーズンのお粥

レーズンとデーツ、バスマティライスで作るお粥です。

え?と思うかもしれませんが、これが意外とおいしい……

野菜のキッチャリー

 

こちらは具材多めのキッチャリー。ポディをトッピングして味の違いを楽しんでます。

ポディはインドのふりかけです。
写真は白ごまと豆、塩とオイルで作ったポディ。

 

秋に食べたいごぼうとかぼちゃのキッチャリー

甘いかぼちゃを使ったキッチャリーは、もはやお粥というより、リゾット。

私も大好きです。

貧血を防止するビーツのキッチャリー

貧血を防ぐなど女性には嬉しい効能をもつビーツ。

少し使うだけでも見た目が違ってくるので、手に入ったら是非やってみてください。

腎臓を強化する小豆のキッチャリー

小豆、さつまいも、葉野菜を使ったキッチャリー。

キッチャリーに使う豆は、イエロームングダル(ひきわり)がほとんどですが、これは小豆を使っています。

スパイスを有効に活用する

キッチャリーに入れるスパイスは、消化を促進してくれるクミンやコリアンダー、マスタードシードなどがおすすめです。

生姜や黒胡椒、クローブもおすすめです。
これらは、すべて身体をじわじわと温めますが、身体が火照りやすい人は、併用しなくても良いでしょう。

カルダモンも良い選択です。
消化不良を改善するとともに、精神的なリラックス作用などがあります。

また、ターメリックは、腸内細菌を強化してくれるので、だいたい入れます。

どのスパイスを使うかは、得たい効能や、その時に使う具材によって使い分けられると良いでしょう。

 

キッチャリーを作りたい・学びたい方へ

作り方(レシピ)はこちらの記事で公開しています。
>>キッチャリークレンズ_レシピ・作り方(横浜アーユルヴェーダ料理教室)

実際に作りたい方はこちら
>>アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコース

※キッチャリーの作り方はACAコースのレッスン1でやります。

 

シンプル&ヘルシーなアーユルヴェーダの料理教室
体験会のお申込みはこちら
【料理を作る】お楽しみ会のお申込みはこちら
【資格取得】ACAコースのお申込みはこちら

卵・乳製品・小麦粉不使用「ロースイーツ」教室
お申込みはこちら

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

このブログをいいなと感じていただけましたら、下のボタンをクリックして頂けるととても嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  

応援よろしくお願いいたします。

 

【関連記事】キッチャリークレンズ