【便秘・不眠・憂鬱を解消する】ギー入りミルクの作り方・レシピ

ギー入りミルク ブログ

寝つきの悪さを改善するためのドリンクレシピ「ギー入りミルク」をご紹介します。

アーユルヴェーダで最も素晴らしいと言われる油・ギーを使います。

スポンサーリンク

眠れない夜の安眠剤

「眠れない……」

とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ストレス、不規則な生活習慣など、理由は様々。

季節的な影響を受けることもあります。

たとえば、梅雨は、ジメジメ、日中も曇りがち、太陽の光がない、暗い。
だからか、人の気持ちまで落ち込んで、梅雨時期、うつを発症する人も多いようです。

また、冬は日が早く沈みますし、夜は体も冷えます。

本稿では、つらい不眠にお悩みの皆さまを優しく癒すアーユルヴェーダのドリンクをご紹介します。

不眠だけでなく、便秘や、憂鬱感を緩和してくれるかもしれません。

万能油ギーを使った簡単ドリンクレシピ

絶え間ない心の動き、過敏になった神経、次から次へと違うことを考えてしまう、不安が生じる、便秘、不眠……

このようなヴァータの乱れを鎮めるのにぴったりなのが、栄養豊富で、「重」い性質のある乳製品。

それから、うつ・認知症予防、不幸・疲れを解消するとの記載が聖典にあるギーを用いたドリンクです。
※効果を保証するものではありません。

また、ギーは少し「冷」性なので、灼熱間のある夜にも最適です。
排泄を促すともいわれています。

ただ、乳製品を冷たい状態でたくさん飲むのはよくないので、少し温めて、少量にします。

ギーについて詳しく書いた記事はこちら
>>話題のアーユルヴェーダオイル「ギー」!その効果効能とは?

なお、ギーについては「森の時計」料理教室(名古屋またはオンライン)にて学べます。

>>キッチャリー教室(名古屋)
>>キッチャリー教室(オンライン)

ギー入りミルク

【ドーシャへの影響】
V↓P↓K↑

所要時間:10分

【材料】ギー入りミルク(1人分)

  • ミルク 120ml
  • ギー ティースプーン1杯

【作り方】ギー入りミルク

1.小鍋に牛乳を温め、端の方がふつふつしてきたら、ギーをティースプーン1/2杯ほど入れ、くるくる軽く混ぜる。

ポイント

  • 牛乳は冷えたまま飲まない。
  • 体温程度まで冷めたら、お好みではちみつを入れてもOK。
    メープルシロップでもOKです。

飲むタイミング

寝る1時間ほど前に、ゆっくりと、噛むようにして飲みます。

***

皆さんも一度、試してみてください。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る