砂糖、卵、小麦粉を使わないフルーツマフィンのレシピ

今日はアーユルヴェディック・スイーツ「フルーツマフィン」とその作り方をご紹介します。

心を込めて作ったものを5感を通して味わう

5感で集中して味わう。

これだけで、甘いものを食べた満足感はずっと大きくなります。

目で見て、においをかいで、スプーンやフォークを通した時の音、手や舌で触れたやわらかさを知り、最後に味わう。

これを、心を込めて作った手作りスイーツでできたら、どんなに満足でしょう。

本日紹介するフルーツ・マフィンで、それを体感してみてください!

りんごとレーズンがごろごろ!デーツ&ギーを使ったマフィン

焼き型、カップなしでも作れます。
(もちろん、かわいいカップに入れてもOKです)

自分の手を使って、愛情込めて作るのがポイント♥

砂糖不使用なのに、りんごとレーズン、デーツの甘さで、満足できちゃいます!

ヴィーガンスイーツにもなります

本レシピでは、牛乳や豆乳は使用していません。

でも、「ギー」を使っているので、乳製品は使っていることになります。

ギーについてはこちらの記事をご覧ください。
>>【レシピ】太りにくいオイル「ギー」の作り方

漫画で分かるアーユルヴェーダでは、ギーの使い方について書いています。
>>【漫画】シンプルな提案_ギーの使い方

ヴィーガンの人は、ギーの代わりにココナッツオイルなどを使うといいと思います。そうすれば、乳製品も不使用、になりますね。

材料(2個)

  • 全粒粉 50cc
  • 玄米粉 50cc
  • ココナッツフラワー 25cc
  • ギー 小1
  • レーズン(一晩水につけたもの) 25g
  • デーツ 3個
  • りんご 小1/4個
  • カルダモンパウダー 小さじ1/8
  • シナモンパウダー 小さじ1/6
  • ショウガパウダー 少々
  • 岩塩 少々

作り方

1.ギーをゆせんで溶かし(夏はこの作業は不要)、粉類をふるい入れる。

2.スパイスと岩塩を入れて、手でよく混ぜる。

3.リンゴ(サイコロ状に切ったもの)、デーツ(細かく刻んだもの)、レーズン、レーズンのもどし水を入れたら、ひとまとめにできるくらいの固さになるまで、適宜水を加えながら混ぜる。

4.記事を2等分し、クッキングシートの上に並べる。

5.180度に予熱したオーブンで20~25分くらい焼く。

体質別ポイント

ヴァータ

渋い生のリンゴはヴァータを上げますが、焼くことで緩和します。ギーを多めにしましょう。

ピッタ

レーズンに酸味がありますが、一晩浸水させることで酸味を緩和します。

カパ

甘いスイーツはカパの重さを増すので、マフィンの大きさを小さくしたり、デーツの量を控えめにしたりするといいですよ。

ヴァータ・ピッタ・カパについて知りたい方はこちら

>>【ヴァータ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ
>>【ピッタ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ
>>【カパ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ

ちなみにこのマフィンは、ヨガウェアファッションショー(2018年2月に開催)でケータリングしました。

 

【関連記事】レシピ

 

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】

◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!

体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!

単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法

アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら