「食材論」カテゴリーアーカイブ

話題のアーユルヴェーダオイル「ギー」!その効果効能とは?

こんにちは!
森の時計ヨガ&アーユルヴェーダのakiです。

昨日姉から電話で
「今日スッキリ(TV番組)でギーの特集をやってたよ!aki(私)が言ってたやつじゃん!いろいろ教えてほしい~」
と言われました。

へえ……普段テレビあんまり見ないから、知らなかったけど、だんだん出回ってきたギーも、今年あたりブームになりそうだね。

ということで、今日は私もギーについて取り上げます。

ギーの作り方・レシピを知りたい方はこちら

 


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けになるような情報を発信しするブログ

ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


スッキリでも特集されたアーユルヴェーダオイル「ギー」

2018年4月24日放送の日本テレビ系『スッキリ』では、セレブも愛用する話題のオイル「ギー」について特集されました。

ということで今日のテーマ
「ギーとは何か?その効果効能は?」

ちなみにこのギーを使った料理はアーユルヴェーダ料理教室(横浜)で作ることができます。
ギーの作り方はアーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースで実践できますよ。

「ギー」とは

ギーとは、食塩不使用のバター(本来は動物性のミルク)からタンパク質と水分をぬいた精製オイルのことです。
アーユルヴェーダでは『最も優れた油』として食用、内服薬、外部のオイル塗布などに使われています。目の中に入れることも!

ダイエット効果・生活習慣予防にも!アーユルヴェーダオイルギーの効能

ギーの効果を列挙すると以下のようになります。

  • 身体の灼熱感を取る
  • 炎症を抑える
  • アレルギー疾患を抑える
  • うつ・認知症防止
  • がんなど生活習慣病の予防
  • 心臓病や動脈硬化などの心血管疾患の予防
  • 腸内環境を整える
  • 体脂肪を蓄積させないため肥満を防ぐ

ヴェーダ(経典)の中のギーの記載

アーユルヴェーダの古典書にはギーに関して以下の記述があります。

“記憶力、知性、消化力、精力、オージャス(生命素)、カパ、脂肪を増大させ、ヴァータ、ピッタ、毒素、錯乱、疲労、不幸、発熱を除去して、全ての油脂類の中で最も優れたものである。ギーの味は甘味、薬力は冷性、消化後の味は無数である。ギーは無数の使い道があり、無数の効果をあげることができる”

(チャラカ・サンヒター第1巻第27章)

……とにかくすごそうですね。

栄養学から見るギー

良質な油(脂質)を十分に摂ることは、発育を促し、体の機能を維持するために必要です。

ギーは不飽和脂肪酸のω3とω6をバランスよく含むため、双方の長所を得られます。短鎖脂肪酸を含むことから体脂肪として蓄積されにくく、腸内環境を整えます。抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンEを含みます。

体脂肪が蓄積しにくい短鎖脂肪酸

ギーは短鎖脂肪酸なので、体脂肪を蓄積させにくく、したがって肥満を防ぐことができます。

必須脂肪酸をバランスよく含む

食物から取り入れなければならない必須脂肪酸のω3とω6を絶妙のバランスで含んでいます。

ω3とω6のメリット・デメリットは相反するものがあり、相互が補填するような関係にあります。

長所 短所
ω3 炎症を抑える、血栓を防ぐ、うつ・認知症・がん・心臓病・動脈硬化などの予防 過剰摂取は血糖値への影響、血圧低下などの原因となる可能性がある。
ω6 コレステロール値を下げるヘルシーな油。 過剰摂取は体内の炎症を悪化させ、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の原因となる可能性がある。

つまり片方だけの過剰摂取は、その片方のデメリットが出てきてしまいます。
両方とることで、どちらかの欠点が過多にならず、もう片方の逆の性質がデメリットを中和させてくれるので、バランスよく摂取するのが大事です。

ギーは最初からこの2つがバランスよく含まれているので、油の組み合わせや使用比率を気にしなくて済むということですね。

ギーを取り入れて良かったこと・メリット

ギーを摂ることで、私個人としては便通が良くなったことと、健康診断でもコレステロールなどの数値がほぼほぼ一年前と比べて下がっていました。
私の場合年齢27歳で、肥満でもないのですが、それでも数値に改善が見られます。
いわんや、高齢で中性脂肪たっぷり、という方にはもっと良いことがあるはずです。
※現に私はSNS上で数人の方がそのような報告を上げているのを目にしました。

まさに万能オイル!

バターから作るオイルが、身体にいいなんて嘘でしょ?
最初はそう思うかもしれませんが、一度試してみる価値ありです。

ちなみにこのギーを使った料理はアーユルヴェーダ料理教室(横浜)で作ることができます。
ギーの作り方はアーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースで実践できます。

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


アーユルヴェーダにおける発酵食品

こんにちは!

森の時計 Yoga & Ayurveda 代表のakiです。いつも読んでいただきありがとうございます。
3月アーユルヴェーダ料理教室お楽しみ会のメイン料理は、

「アーユルヴェーダちらし」

でした。
ちらし寿司(お寿司)には「酢」を使うのが一般的ですが、今回は、この酢を使わず、それでいて酢飯のような味になるよう仕立てました。

今日は、アーユルヴェーダにおける発酵食品について書きます。

 


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けになるような情報を発信しするブログ
ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


アーユルヴェーダの視点から見た「発酵食品」

※先生によって解釈が違うかもしれないので、あくまで一つの考えとして読んでください。

アーユルヴェーダではプラーナ(生命力)を重視しているため、出来立てが大事、保存食はあまり勧めておらず、発酵食品はあまり使われません。

その考えに則って、3月のアーユルヴェーダ料理教室では、発酵食品を使わないで料理を作りました。

※4月アーユルヴェーダ料理教室のお楽しみ会もご予約受付中です。
詳しくはこちら


とはいえ、発酵食品文化の日本人から、発酵食品を抜くのは、あまりにも酷です。食事は何より満足感、幸福感を味わえるものでなければいけません。

前にテレビでやっていた「天皇の料理版」の最終回で、主人公の師匠が、アメリカの軍人の偉い人(マッカーサーか、その側近?)に、「天皇とはどういう存在か」と尋ねられる場面がありました。

その時にその師匠は、日本人にとっての天皇の存在を「味噌」に例えて、その必要性を訴えていました。

遺伝的に獲得した慣れ(サートミヤ)により、民族的に消化に向いている食物があることも考慮し、私としては、発酵食品の味の濃さには注意しつつ、程々の量を用いる程度なら問題ないと思っています。

3月アーユルヴェーダ料理お楽しみ会

3月アーユルヴェーダ料理お楽しみ会(単発レッスン)では、アーユルヴェーダちらし寿司をメインとして、他数種類の副菜を作りました。

・アーユルヴェーダちらし
・ベイクドパンプキン
・さくらスープ(カブのポタージュ)
・あずきのフムス
・キャベツのサブジ
・チャイ

4月アーユルヴェーダ料理教室のお楽しみ会もご予約受付中です。
詳しくはこちら

酢の代用となるタマリンド

タマリンドをご存知ですか?
主に亜熱帯地域で、高さ20~25mほどの常緑高木に実るフルーツ。
だいたい、ペーストになって売っています。
フルーツといいつつ、フルーツに見えない形で売っているので、何も知らないで、「これ買ってみよ~っ」という気にはならないと思いますが…

割と、グロディスクな見た目です。

売られているのは画像みたいな感じではなく、甜面醤みたいな見た目です。

タマリンドの使い方

タマリンドは、サヤの中に果肉があって、果肉をペーストにしたものを、さらに水につけてほぐして使います。
面倒ですよね~。酢を使いたーい(泣)

ほぐしたら、そのタマリンド水に甜菜糖(白砂糖でない方が良いでしょう)と昆布だし、少しの塩を入れて「アーユルヴェディックビネガー」の完成です。

タマリンドの味と効能

酢の代わりに使うと言っているくらいですから、酸っぱいです。
梅干しに似ています。

私はとあるヨガのイベントで、「タマリンドソーダ」なるものが提供されていて、それを少しだけ(炭酸はヴァータが上がるので少しだけです……)飲みました。
うーん、あの元の形を知っていなければ、ああ酸っぱいジュースだなぁで終わったかもしれませんが、どうもあの茶色いペーストと実のイメージが頭の中に広がって……

まあ、味はそんな味です。
3月のお楽しみ会では、「ちゃんと酢の味だ」という反応をいただきました。
アーユルヴェディックビネガーは、硬めに炊いたご飯と混ぜて酢飯にし、上にのせる具材もこの中に事前に漬けこんでおいて、味をしみこませました。

効能としては、整腸作用、消化機能の改善などあります。
朝、タマリンドをほぐしてタマリンド水にしておいたものを、ちょうどいい濃さにして飲むと、便通が促されるかもしれません。

食物繊維、クエン酸、酵素を含んでいます。
発酵食品の優れた点は、「酵素」ですが、タマリンドからも「酵素」を摂ることができます。

アーユルヴェーダ料理に使える酢の代替品

あえて酢以外のものを使うのであれば、タマリンド、レモン、オレンジなどでも可能です。

先日、「あさ〇チ」という朝の番組で、オレンジを使ったちらし寿司というのをやっていました。もともと甘いので、砂糖などは使わないですし、ご飯が薄い黄色に染まるので、これはこれでおいしそうだなぁと思いました。

ただし酸っぱい柑橘類は、ピッタを上げるので、他の料理ではピッタを下げるようなものを作った方がよいかと。。

タマリンドはどこで買えるのか

お楽しみ会やアーユルヴェーダ料理体験会に来た生徒さんから、

「〇〇はどこで買えるの?」

という質問をよく受けます。

基本的に、アーユルヴェーダ料理に使うスパイスやちょっと珍しいお米や豆などの食材は
「ハラルフード 〇〇(住んでいるところ)」
あるいは
「インド食材 〇〇(住んでいるところ)」
とネットで調べて、ひっかかったお店で買ってください。

特に、新宿区、中野区に住んでいる方はラッキーです。新大久保に行けばなんでも変えます。
私が住んでいる横浜にも、何件かこういうものが手に入るお店があります。

みなさんの住んでいる地域にこうした食材店がなければ、通販(ネット)で買うこともできるでしょう。
ちなみにタマリンドは、私が見た限り、普通のスーパーでは売ってませんでした。。


いかがでしたか?
わざわざ酢の代替など探すマニアックな方は少ないと思いますが、家にタマリンドがめちゃくちゃ余っているという珍しい方がいらっしゃれば、やってみてください★