「日々の食卓」カテゴリーアーカイブ

昼食を食べる時間がない時どうする?_裏アーユルヴェーダ

久々の裏アーユルヴェーダ(アーユルヴェーダ的でない、の意)のあれこれについて書きます。

いつも首尾よくアーユルヴェディックに過ごせるとは限りません。だってここはインドじゃなくて日本、アーユルヴェーダが発祥した4~5千年前の昔でなく、忙しい現代ですもの。。 続きを読む 昼食を食べる時間がない時どうする?_裏アーユルヴェーダ


アーユルヴェーダの食事_朝ご飯と夜ご飯

こんにちは!

森の時計 ヨガ&アーユルヴェーダのakiです。いつも読んでいただきありがとうございます。

今日はプライベートなごはんの記録です。


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けする情報を発信するブログ

ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


消化に優しいアーユルヴェーダの朝ごはん_冬から春

朝は、消化力がまだ弱いので、消化に優しいものを食べる必要があります。

冬に私が好んで食べていたのはさつまいもです。
さつまいもをレーズンやりんごと一緒に煮たのを食べてました。
あとバスマティライス+レーズン、蕎麦の実と玄米、りんごとキヌアといった具合です。4月からは、ホテルのモーニングを出す仕事も始めたので、そこのご飯とお味噌汁、蒸し野菜や焼いたサバなんかを食べることもあります。

つい食べ過ぎてしまって、この頃消化力が弱くなってきてしまいました。。

最近は暑くなってきたので、フルーツ、甘夏やバナナを食べることもあります。
バナナは、ギーと一緒に炒めて食べてもおいしいです。

 

今日は朝から口当たりの良い・レモンダールラッサムを作りました。

レモンダールラッサムとはなかなか、朝食向きなのか、「?」ですが、なんだかサラサラとしたものが食べたくて作りました。

冬は、どちらかというともったりした、密度の濃いダールスープを良く作っていましたが、だんだんとサラサラ系を欲する季節になってきましたね。

このスープは、でも、意外とメンドウクサイ……最終的に合計3つの鍋を洗わないといけないからです(笑)
最近料理をし過ぎて、少し創作意欲がなくなってきたところに、なぜだか朝からせっかくやる気になっていたので、せっせと作りました。

ムングダルを煮崩れないように煮たので、食感を楽しみながらいただきました。
朝ごはんとしてそんなに悪くない気がします。

ただ、酸味が効いているので、ピッタが過剰な人はNGですかね。

パセリが余っていたので、パセリを散らしましたが、パクチーがあればパクチーがよいかと。

ご飯と一緒に食べるとおいしいです。サラサラとお茶漬け感覚で食べることができます。人によってはサラッとしたカレーのようにも感じるかもしれません。

だいたい7時くらいに食べ、8時から、「半分青い」を見て9時頃職場へ。
「半分青い」は私の地元、名古屋にほど近い岐阜が舞台、登場人物も岐阜弁を喋りますが、割と尾張の方言と似ているので、なんだか親近感が湧きます。

佐藤健みたいな人が、ちょっと田舎っぽい喋り方してるのは違和感ありますけど(笑)

アーユルヴェーダの夕ご飯

今日は夕ご飯にミントライスを作りました。

  • ミントライス
  • 紫サツマイモのマッシュ
  • モロッコいんげんとルッコラ
  • レンズ豆とひじき

ミントライスは、夏になったら作ろうと思ってました~。

うちには生カシューナッツしかないので、仕事に行く前に浸水させるという計画の立てよう……

数日前に銀次郎(鶴見の八百屋さん)でもらったハーブ(ミント)をなんとか使いきりたい!
ということで今日はミントライスにしたのでした。
ココナッツの果皮があればそれを使うのですが、そんなもんないので、玉ねぎを使いました。玉ねぎ、普段あまり使いませんが、この前家族が遊びに来た時に持ってきてくれたので、ありがたく使いました。

これまた、レモンダールラッサムではないですけど、割と面倒……こんな風に粉砕したやつをね、

鍋でお米と一緒に煮るんです。
使っているお米はバスマティライス。なので、すぐに炊けます。

その間に圧力鍋でブラウンレンティル(茶色のレンズ豆)を煮ます。
スパイスがたくさん入っているけど、ひじきも入っているという、なんとも和ーユルヴェーダな感じ。色といい素材といい、シブい一品です。
味付けはもちろんスパイスと塩だけ。

これはマイラのレシピ本に載っているやつです。

というような感じで今日のご飯ができましたー。

うーん、ミントライスは好き嫌いが分かれるでしょうね。私はチョコミントとか大好きな人なので、全然OKですが、歯磨き粉を彷彿とさせる味。

でも歯磨き粉は入れてないよー><

一緒に入っているスパイス、クローブは、ご飯を食べている時に一緒に噛んでしまい、独特の芳香と苦味が口の中に広がるのですが、まあいっかと食べてしまいました。

ちなみにクローブは鎮痛効果があるので、歯が痛い時には応急処置として「クローブを噛め」というのが、アーユルヴェーダのお母さんたちの知恵だそうです。

気楽なアーユルヴェーダごはん

個人的な話ですが、アーユルヴェーダ料理教室アーユルヴェーダカフェ、それから職場でも、人に料理を出す仕事が続いています。

あまり気にしていませんでしたが、失敗できないという緊張感がどこかであったのか、今日久しぶりに自分のためだけにちゃんとアーユルヴェーダご飯を作って、自分だけのために作るのは気楽で良いなあと思いました。。

さて、アーユルヴェーダ料理教室では今日作ったレモンダールラッサムやミントライスが出てくる可能性もありますので、是非チェックしてみてくださいね!

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


裏アーユルヴェーダ_後退の原因の観察(アーユルヴェーダ料理教室_横浜)

裏メニュー

ならぬ

裏アーユルヴェーダ (笑)的行動に関する記事です。
※造語です。

はい。わたくしにもあります。
アーユルヴェディックにした食生活が、一時期的に元の習慣、それも特に好ましくない習慣へ戻ってしまうことが……

 

***

一昨日の夜、袋半分くらいのスナック菓子とチョコレートを夕食の後に食べました!

それも計画的にTT

まだ日が高い時間に、わざわざそれをコンビニに買いに行ってまで。

(↑ウッタナーサナ(笑))

唯一以前と違うのは、私がひょいっと私の体の外へ出て行って、自分に何が起こったのか、考えられる原因を見つけようとすることです。

こんな発見がありました!

・最近生活ががらりと変わった
・期待していた活動の結果が期待外れだった
・難儀な課題が待ち構えていた
・近い過去の未消化な出来事が思い出された、それを思い出させる人に会った、そしてやはり未消化に終わった

それで、無意識的に自分の中に発された声↓

『そんな大変なことが起こったの。よしよし、じゃあちょっと楽しようね』
『これ食べて、また明日から頑張りなよ』
『昔これを好きな人と食べて、楽しくて、気分よく過ごしてたよね、また食べたらその時の幸せな気持ちがよみがえるかもしれないよ』

書き出してみると、こんな感じでしょうね。

裏アーユルヴェーダ行為に及んだ経緯はなんとなく、思い当たりました。

・・・原因、多いなぁ・・・

***

アーユルヴェーダを生活に取り入れる取り組みは、

「一進一退」

「三歩進んで二歩さがる」

そんな感じです。

私の場合はですが。でもたぶん、だれもが変化の過程で、古い習慣に戻る時はあると思います。

甘えや惰性の感じがしますが「ゆっくりでいい」し、「次そうならなければ良い」ですよね!

怖かったり、寂しかったり、不安だったりしたときに、裏アーユルヴェーダに走る傾向がある(ように思える)。なので次にそういう感情になったら、違う行動ができるよう「準備」しておこうと思います。

食べ物を昔食べていたものに戻したとして、身体は全く喜びません。現に一昨日や機能はお腹の膨満感とガスっぽさが一日中続いて……(;;’)

まあだから次からはやらないようにしますよ。

アーユルヴェーダに出会って8カ月で全部まるっとずっとは変わりません。変わっては戻り、戻っては変わり。

たくさん変わったことも真実ですが、日々、試行錯誤の繰り返し。。
また裏アーユルヴェーダが起こったら、レポートします!

そしてこれは今日の朝ごはん↑
スパイスミルク(ギー入り)とハニーナッツデーツ。

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


アーユルヴェーダ料理教室3月体験会・横浜:健康で太らない体質に合った食事

今日は2月最後の体験会でした !
体験会ではアーユルヴェーダとその食事法の概要、料理教室・ヨガのプログラムをご案内しています。

*3月の体験会の予定*
3/10(土)11~13:00 残席2名
3/13(火)11~13:00 残席4名
詳細・お申込みはこちら

*本日のmenu*

  • タマリンドライス
  • 紅くるり大根のポタージュ
  • ハノイ風ダル
  • 小松菜とブロッコリー
  • レンコンチップスターメリック風味
    (写真には載ってないですが)
  • ドーサ 森の時計バージョン
  • スイートタヒニソース

*みなさまの声*

『おいしい!もっといろいろなバラエティを知りたい!』

『アーユルヴェーダについて、実際にやっている人の口からいろいろ聞けてよかった!』

*レシピ*

本日登場したメニューの中で紅く目を引くポタージュ
こちらの作り方をざっくり。。
(すみません細かい分量は忘れてしまいました)

紅くるり大根のポタージュ
《材料(1人分想定)》
・オイル 小2
 (ギーが望ましいですが、ひまわり油やごま油でも可)
・フェンネル 小1/4(ほんの数粒でOK)
・ヒング 少々
・塩 適量
・全粒粉 小1
・大根 太めなら3cmくらい
 (普通の大根やカブでもいいです。赤くならないですが笑)
・水 200cc

《作り方》

  1. 鍋にオイルを熱し、スパイスを炒め香りを出す。
  2. 全粒粉を炒め、しばらくしたら細かく切った大根を入れる。
  3. 大根がスパイスに絡まるようよく炒めたら水を入れ、鍋にふたをして弱火で大根が軟らかくなるまで煮る。
    ※このあとハンドミキサーでなくミキサーを使う人は、ミキサーについている汁を落とすときに水を使うと思うので、200ccより少なめにすると良いです。
  4. 冷めたらブレンダーにかける(ハンドミキサーでいい感じの滑らかさにする)
  5. 再度鍋に戻して温め、塩で味を調える。

*アーユルヴェーダ料理を作りたい方向けの講座はこちら*
3月お楽しみ会


出来立てのギーで蕎麦の実と玄米の朝食_アーユルヴェーダ料理教室

ギーを作りました。

ギーは1,000の効能があるといわれるオイルで、アーユルヴェーダでは料理だけでなくマッサージや点鼻、点眼にも使ったりします。
私はまだやったことがありませんが・・・

中火で無塩バターを溶かし、小さな泡ができてきたら弱火にします。

だんだんと泡が大きくなってつながってきます。ぱちぱちという音がします。

音が小さくなって、もう一度小さな泡になってきます。
音がなくなって、泡をよせてみて透き通った黄金色になっていたら完成。

アーユルヴェーダ料理教室でも販売します♡
直近の体験会の予定はこちら

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。不飽和脂肪酸の中でも必須脂肪酸である「ω(オメガ)3」「ω6」は、体内で合成できないため、食事から補わなければならない油です。

ω3…アマニ油、しそ油、青背の魚の油
ω6…サラダ油、ごま油、コーン油、マヨネーズ

ギーには、ω3とω6が、バランスよく含まれています。

また、ギーに含まれる短鎖脂肪酸はエネルギー源としてすぐ使われ、体脂肪として蓄積されにくいため、肥満を防ぐ効果があります。また、腸内細胞の悪玉菌の増殖を抑えたり、腸の炎症を抑えたりする作用もあり、腸内環境を整える助けになります。

蕎麦の実と玄米の朝食

そんなギーを作った後、お鍋に残った油も利用して新しいレシピに挑戦です。
また、Hale Puleのレシピを使いました。

蕎麦の実を家で使ったことはありますか?
私は初めてでしたが、こんなとろとろになるんですね。
ギーと塩、スパイスで味付けです。味付けといってもそんな派手な味にはなりませんが、出来立てのギーのかおりがして、幸せ。。

満足感が得られます。でも、お昼前にはちゃんとお腹が空きます。

バーリー(大麦)・黒目豆とひじき・かぼちゃ・タアサイとアルファルファ

そんな今日の昼食。今日は全体的に汁多めにしました。バーリーはごま油と塩をわずかに入れて炊きました。豆や野菜を調理したときの水分とからんで、いい感じになりました。

かぼちゃはかぼちゃの甘さだけ、シナモンとコリアンダーパウダーとギーを使います。醤油とみりんを入れて作る、慣れ親しんだあのかぼちゃの煮つけにも負けないインパクトです。

タアサイは安価でここ最近よく登場します。。アジョワンが、少し苦手みたいです、私(笑)

2月 アーユルヴェーダ料理体験会
スケジュールはこちら


ハノイ風ダルのお弁当・チャパティ_横浜アーユルヴェーダ料理教室

玄米と白米、ハノイ風ダル、さつまいもと人参、ほうれんそう

2/8のアーユルヴェーダのお弁当

  • 玄米と白米のミックス
  • レモングラス香るハノイ風ダル
  • さつまいもと人参
  • ほうれんそう

ハノイ風ダルはHale Puleのマイラのレシピ。
とーっても、おいしい♡
レモングラスとフェヌグリークシードが効いてます。いつもとまた一味違うオリエンタルな味^^

職場で食べてると、当然同僚とか上司にお弁当の中身を見られるんだけど、特に何も言われない。
職場の食堂で売ってるお弁当とかけ離れたものを食べることに、少し抵抗があるときがあります。
自分がそう感じるだけで、みんな何も思ってないと思うけど。

どういう風に、自分がこういう食生活に移ったということを伝えればいいのか、、、(^^;
聞かれて答えることはできるけど、聞かれてないのにわざわざ伝えるのも変だし。。

一昨日、早朝会議のためお弁当を作る時間がなくて、会社でカレーを食べました。ナスやトマトやパプリカ、ひき肉ときのこも入ったカレーです。

前はお弁当を作れない日に、骨休めというか、ご褒美のように食べていたカレーや会社のお弁当。
口に合わなくはないのですが、前より気になるようになったのは、食べた後の感覚です。
口の中に残る風味が圧倒的に強い。なんか一日中その風味が残るような感じです。。

アーユルヴェディックな料理はそうじゃありません。すーっと引いていきます。

だから、口の中に残ったかおりと重さを打ち消すために、別のものを食べたい・・・と思うことがありません。

夜に、お弁当の残りの豆やら芋と、お米を少し煮込んだ簡単なギーと塩のお粥(料理とも言えないようなものですが)と一緒に、お味噌汁を飲んだ時にも「お?」と思います。

最初にお粥を食べたときは、ギーと塩の風味で「おいしー」と思うのに、お味噌汁をすすった後お粥に戻ると、「味がせん…」てなります。
※みそ汁の味はそんなに濃くしてないと信じてますが

ささやかな味付けに敏感になっていけるといいなと思います。

アーユルヴェーダの料理を試食できる
アーユルヴェーダ料理教室のご案内はこちら

2/9 ブレックファーストチャパティと温かいメープルソース

  • 全粒粉と小麦粉のミックスチャパティ(プレーン)
  • 温めたメープルシロップ、少しのギーとカシューナッツ、消化を促進するフェヌグリークシードと体を温めるシナモン

ふわふわしたパンとは全然違うチャパティ。
三枚平らげたところで腹八分目。一枚はおやつに取っておきました。

カシューナッツ入りメープルソースを中にくるむように包んで、ぱくりと食べるとおいしい♡
でも、顎が少し痛くなった……次はもっとやわらかくできるかな?笑

今日は会社お休み。少しゆっくりしています。

アーユルヴェーダの料理を試食できる
アーユルヴェーダ料理教室のご案内はこちら


2/5,6アーユルヴェーダのお弁当(横浜アーユルヴェーダ料理教室)

新しいお弁当箱(というより保存容器ですが)を購入しました!
お弁当箱でも、容器でも、プラスチックは避けるようにし、電子レンジも極力使わないことを心掛けています。

一回の食事の6割をオーグメンティング(体に栄養を与えるもの)の食べ物、4割をエクストラティヴ(排出作用のあるもの)の食べ物にできるとベストです。

4品+朝ごはんを作って、40分〜1時間くらいでしょうか。
朝、出勤前に作るのは大変ですが、お昼の時間が楽しみになります。
豆を前日の夜から浸しておくのも忘れずに。

玄米と白米・さつまいもとカシューナッツ・ひよこ豆・タアサイ

・玄米と白米のミックス
・さつまいもとカシューナッツ。さつまいものほんのりした甘さ。
・ひよこ豆。少しカレーっぽい風味
・タアサイ。アジョワンを入れすぎてしまいました。

ひよこ豆は重いので、もう少し量を少な目にした方がよかったかもしれません。
さつまいもの甘さが満足感を与えてくれます。
スパイスを入れると、6味をまんべんなく取れて、バランスが取れます。
味や風味も良くなりますね。

赤米・長芋・甘く煮たあずき・カブとスナックエンドウ

・ギーと少しの塩で炊いた赤米
・黒胡椒と塩で味付けした長芋
・シナモンの風味香るあずき豆
・カブとスナックエンドウ。塩を入れるのを忘れました。ので、素材の甘さを感じる一品に。

赤米はパラパラしているので、汁ものと食べるのがベストです。
あずきは大好きな豆。甜菜糖を使いました。

芋類と野菜は調理時間が短いので、豆を煮ている間にできます。
豆を煮ている間に朝ごはんも作れちゃいます。

・・・早く、圧力鍋買わなきゃ・・・


★アーユルヴェーダ料理の体験会
★アーユルヴェーダ料理教室

横浜・石川町にて始めました。お気軽にお問合せください。


2/3,2/4_日々の食卓

日々の食事に関するレポートです。

2/3 朝:セイボリーパンケーキ

全粒粉ギー、スパイスで作るパンケーキ
生地を流してすぐにんじんを乗せます。

セイボリーはここでは塩系(おかず系)の意味ですが、メープルシロップ、それからデーツと一緒にいただきました。

持ち運びもできるので、お弁当や、軽食に持って行ってもいいと思います。

いつもはお米やさつまいも、フルーツの朝ごはんが多いですが、せっかくの休日の朝なので特別に作りました。

アーユルヴェーダの料理は2、3月の体験会でご体験いただけます(2時間・ミニ講座付きで3000円とお得です)
詳細はこちら

 

2/4 アーユルヴェーダの朝ごはん

明けて日曜の朝、私の大好きなブレックファーストグレイン(バスマティライスをレーズンで炊いたごはん)とアップルシチューを、もう一緒に煮てしまいます。

今日のリンゴは酸味が強かったです。。

ランチ

ターメリックと塩、ギーでバスマティライスを炊きます。

フムスは、小豆だけでもいいと思いますが、少量のひよこ豆とブレンドしました。小豆のにおいって落ち着きます。

ほうれんそう。アジョワンを入れ過ぎてしまいました。。ほうれんそうって甘味があっておいしいですよね。

長いも。昔横浜で働いていた時に、上司に連れて行ってもらった居酒屋で「長いもコンビーフ」っていうのがありました。
長いもを塩で炒めるおいしさはその居酒屋で知りました。
今はコンビーフは食べませんが、塩と黒胡椒などのスパイスだけでシンプルに味付けした長芋はおいしいです。
そしてすごく簡単。

ちなみに、この日の夜は買い物に付き合ってくれた先輩と、はなまるうどんで、きつねうどんとコロッケを食べました。

そういうのも、食べますよ、わたし笑

特にうどんとかそば好きですね。。天ぷら入ったやつとか。
コロッケそばとかあるけど、おいしいのかな?とよく話題にしていたので、やってみちゃいました。じゃがいもNG期間だったのに。。までも、いいですよね。たまには^^

アーユルヴェーダの料理教室_調理法を学べます
(3月春のアーユルヴェーダ)
詳細はこちら

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


1/31アーユルヴェーダランチ_横浜アーユルヴェーダ料理教室

本日のアーユルヴェーダの食卓(ランチ)

大麦・人参・カリフラワーとカブ・ダル

  • 昆布と一緒に炊いた大麦
  • ギーで焼いた人参
  • カリフラワーとカブの葉のカレー炒め
  • 挽割りのグリーンムングダル

シンプルで、時間と労力がかからないレシピ。 

トマトと玉ねぎを使わずにカレーを作ることは可能かしら?

私が今学習しているアーユルヴェーダヘルスカウンセリングプログラムの中に、
「ナス科の野菜(すなわちトマト、じゃがいも、茄子、ピーマン)と玉ねぎ・ニンニクを食卓から除き、様子を観察する」
という課題があります。

※ナス科には関節と消化に、玉ねぎとニンニクがマインドにどんな影響を与えるか?

なので、愚直でもなんでも、とりあえず除去しています。
これらを抜いた食事を摂ってまず感じるのは、口の中に残る後味がほとんどないことです。
うまく説明できませんが心も軽やかです。最近調子いいなって思います。

 

ただ、スパイスでカレーを作る時にトマトと玉ねぎ、にんにくを使わないのは困難ですね。
にんにくは、フェヌグリークでなんとか応用できるようです。

 

ココナッツミルクカレーやかぼちゃを使ったサンバールカレーなど、
今までもトマトと玉ねぎを使わないカレーを作ったことはあります。

 で も

ココナッツミルクはこの時期には使えない・・・!
カレーリーフの風味のする透明なカレーは今は求めていない・・・!
一般的なカレーだなと思えるようなのが作りたい・・・・・・!!
(馴染みのあるカレーには絶対、トマトや玉ねぎが入ってる・・・)

 

ナス科の植物はもともと南米のもののようなので、これら抜きで作る方法は必ずあるはずだと、ネットで調べました。

が・・・意外にない。

和風だしを代わりに使った和風カレーになってしまう。
トマト抜きだけど、トマト缶やらケチャップを使っている。
(トマト使っとるやんけ)

 

前にも書きましたが、アーユルヴェーダ料理はインド料理のことだけ指すのではないので、
私たちがカレーだと認識できるカレーを作れなきゃいけないこともないのですが、
たまには「煮もの」や「スープ」じゃなくて「カレー」を食べたくなることだってあります!!

 

ということで試行錯誤することにしました。

今回は、人参を少しすりおろし、レモンの搾り汁をほんの少し入れてみました。
あとはスパイスと塩。これだけで、きちんとしたカレー味の、ご飯が進む炒め物ができました!

次はカレー炒めじゃなくてほんとうのカレーですね。。

 

カレーマニアの方、俺カレー好きだぜと言う方、
こんなレシピがあるよ〜と紹介してくださると嬉しいです!笑

2、3月アーユルヴェーダ料理教室体験会受付中です♪
詳細はこちら

 


1/21 アーユルヴェーダランチ 簡単に作れる食事

1/21 今日のアーユルヴェーダランチはこんな感じでした。

**menu**

  • キヌアとテフ
  • かぼちゃと人参と生姜のポタージュ
  • 黒目豆
  • ハーブが香るアスパラガスのソテー

 

どれもシンプルで、簡単に作れるものばかりです。
※アーユルヴェーダ料理の調理法は3月開催アーユルヴェーダ料理お楽しみ会で学べます。

黒目豆はムングダルほどではありませんが消化に良く、圧力鍋を使わなくても(量によりますが)40分くらいあれば出来上がります。

キヌアとテフ

キヌアとテフを一口食べてみると、少し苦いなと感じます。
キヌアは苦味と渋味を持っていて、フワフワ、パサパサしているので、ヴァータの人にはあまりお勧めできません。
(そういう私はヴァータ体質ですが・・・)

作り方ですが、ギーと塩を入れて炊飯器で炊きました。
キヌアとテフは5:1くらいの割合、
穀物と水は1:2くらいの割合です。

 

ハーブが香るアスパラガスのソテー

アスパラガスは、まだ旬ではなかったですね。。反省です。
ハーブは、昨日の料理「ファラフェル」でも使ったフレッシュイタリアンバジルです。
バジルはヴァータ体質にとって、「温」をもたらすので良いようです。
使うバジルを変えれば、どんなドーシャにもおすすめの一品にできるので、便利ですね。

ちなみに、レシピはHale Puleのホームぺージを参照しました。