「ピッタ」タグアーカイブ

【下痢・肌のトラブルなどの体質改善に】ピッタ体質の方におすすめの食事

胸やけ、炎症、下痢、怒りっぽい、完璧主義……こんな体質や感情の昂りを改善するための食事とは、どんな食事でしょうか?

答えはピッタを整える食事続きを読む 【下痢・肌のトラブルなどの体質改善に】ピッタ体質の方におすすめの食事


グルヴァディグナ_「濁」と「清(透)」

アーユルヴェーダの知識の中核「グルヴァディ・グナ」について、実生活や自己の経験に当てはめて考えてみます。

自分の性質を理解し、バランスを取るために何をしたらよいのか、または何をやめるべきなのかが分かると、自分の心身をコントロールしやすくなります。

グルヴァディグナについて詳しく書いた記事はこちら

 

「濁」と「清(透)」

今日は「濁(picchila・ピッチラ)」と「清(vishada・ヴィシャダ)」です。

ヴァータ・ピッタ・カパのもつグルヴァディグナ

アーユルヴェーダでは人の体質を3つに(7種類に分けることも。実際には各要素の保有比率によってタイプは無限大)に分けます。

ドーシャがもつグルヴァディグナは各ドーシャによって異なります。今日取り上げる性質「濁・清(透)」に関していうと、以下の通りです。

ヴァータ
ピッタ
カパ

 

性質を実生活に当てはめてみる

自分の好きな視点で、実生活にあてはめてみましょう。
食べ物や行動の観点でたくさん想像できると、バランスが乱れた時に、どういう食べ物が、行動が、バランスをもたらすものであるかが分かるようになります。

食べ物

「濁」・・・シチュー、カレーなど煮詰めたもの、ポタージュ、スムージーなど粘性の高いもの、渋いお茶、コーヒー、無濾過ビール、濁り酒
「透」・・・スープ、フレッシュジュース、寒天、水、アロエ、清酒

性格

「濁」・・・はっきりしない、あいまい、心を閉ざす
「透」・・・明確、オープンマインド、清楚、純粋、清廉潔白

行動

「濁」・・・口を濁す、うそ、隠し事、ぐちゃぐちゃにする
「透」・・・まっすぐな行動、正直、隠し事をしない、整然とする

自然・物質

「濁」・・・濁流、雲、霧、もや

「透」・・・清流、光、しずく、雨

 

「濁」と「透」の例

実生活や個人の経験に当てはめて考えてみましょう。

日本のことわざで、「清濁併せ呑む」があり、意味は「(善人も悪人も受け入れるような)度量の大きいこと」です。

この中で「清濁」は善人と悪人、賢者と愚者などの意味で使われているようですが、グルヴァディグナの「清」と「濁」はちょっと違ったニュアンスの気がします。

生産性を濁す

世の中にはあいまいにしておいた方が良いこともあります。

公明正大で全てあけすけ、真実を話すことも大事ですが、時にはあらゆる状況を把握して、濁しておいた方がよいこともあります。

私は昔、ある作業能率を管理し、作業単価を決める立ち位置にいました。
現場に生産性調査を依頼し、場所ごとに生産性の違いとその要因を明らかにしようと躍起になったものです。

しかし、生データを見ると、首をかしげてしまうところがいくつも出てきました。生データをいじっているのでは?と思ったことも少なくありません。

かといって、それをクリアにすることばかりに注力するのも、考え物でした。なぜなら、正しい生産性を測ることの難しさや、日別必要生産数量の増減が激しいこと、設備の違い、人件費の違いがあり、完全な調査は困難でした。

これらを全てクリアにする労力を、全体のコストからしたらあまり影響の大きくない作業単価に対してかけるよりも、人件費×時間×間接費のようなざっくりなものに、他のことに注力する方が、生産的だったのではと、今も思います。

これは、時にはあいまいのままにしておいた方がよいと思った取り組みの例です。

個人の行動に置き換えれば、正直なところは正直で、胸にしまっておくべきことは胸にしまっておく、ということです。

 

濁った/透き通った食べ物と飲み物

今度は食べものの例です。

清酒と濁り酒という言葉があるので、お酒がイメージしやすい人もいるかもしれませんが、今回は、フレッシュジュース(透)とスムージー(濁)でイメージしてみましょう。

ドーシャ別では、「濁」質をもっているのがカパ、「清」質を持っているのがヴァータ、ピッタです。

カパにはなく、ヴァータとピッタで共通している性質に「軽」「動」「鋭」「硬」「流」「微」があります。

フレッシュジュースを飲むとどんな感じがしますか?口当たりがよくて、爽快で、消化にも軽い感じがしますよね。
ヴァータとピッタが持つ質「流」「軽」「清(透)」にあてはめることができるのではないでしょうか。

逆にスムージーはどうでしょうか?これは一般的に、ヘルシーなものと考えられていますが、数種類の果物や野菜を粉砕していて、フレッシュジュースよりは「固」「重」「濁」の性質をもっています。

「似たものが似たものを引き寄せ、相反するものがバランスを取る」という性質にあてはめれば、「固」「重」「濁」性質をもつカパは、スムージーよりもフレッシュジュースを取るべき場合もある、ということができますね。

ヴァータとピッタの場合は、その逆です。

ですが、ドーシャのもつ性質だけをみてフレッシュジュースとスムージーどちらかを選べばいいわけではないので、ご注意ください。

主に甘味(酸味も)、冷性の飲み物を摂ってよいのかどうか、その時の体調など、ホリスティック(総体的)な見方から判断する必要があります。
(※ヴァータの人が、冷たくて、消化しにくいローフードがいっぱい入ったスムージーを飲めば、さらに消化がきつくなるかもしれません。カパの人が、冷たくて、とても甘いフレッシュジュースを飲めば、血流を悪くさせ、太らせるかもしれません)

 

グルヴァディグナのその他の質

グルヴァディグナについて書いた記事、グルヴァディグナのそれぞれの質を1組2種類ずつ紹介したその他の記事は以下のリンクからご覧いただけます。

>>グルヴァディグナとは
>>「熱」と「冷」
>>「乾」と「湿」
>>「重」と「軽」
>>「粗」と「微」
>>「固」と「流」
>>「動」と「静」
>>「鋭」と「鈍」
>>「軟」と「硬」
>>「滑」と「荒」

 


いかがでしたでしょうか。

グルヴァディグナ、今日取り上げた「濁・清」について、皆さんも是非、イメージしてみてください。

【ヨガレッスンのご案内】◆1,000円/1回・常温・少人数性のヨガ

◆顔も心もキレイに変わる!とびっきりの素敵な笑顔のあなたに

1時間の顔ヨガ体験レッスンと、
3回通う間にマイナス10歳!?顔ヨガ3回コース

 


初心者OK★アーユルヴェーダ料理教室_献立の組み立て方

7/6(金)、7/7(土)、アーユルヴェーダ料理教室を開催しました。

本日のブログでは、献立の紹介です。

アーユルヴェーダの原理原則や食事法のポイントに基づいて組み立てている献立です。
今後皆さんがご自身で食生活(アハーラ)のマネジメントをする上で、献立例を知ることはとても重要ですので、是非参考になさってください。

 

夏を乗り切るアーユルヴェーダランチ

 

7月料理教室の献立

 

  • ミントライス
  • オクラのスープカレー
  • 冬瓜とチャナダルのクートゥー
  • ズッキーニのグリル
  • さつまいものグリル
  • ラッシー

 

食事法①消化に良い

アーユルヴェーダ料理のポイントは消化に良く、サットヴァ(純粋性)な食べ物、新鮮な食べ物を多く取り入れることです。

新鮮な野菜や果物、栄養豊富な穀物や乳製品は、その多くがサットヴァの性質を持ちます。

そのため森の時計ではいつも消化に優しいベジ料理を作ります。

家で作る場合は、4品目もあれば十分です。
4品目とは、穀物(米など)、オーグメンティングの野菜、エクストラクティヴの野菜、豆類です。

 

食事法②体質に合った食事

料理教室では事前に参加者様の体質を把握できないため、季節によって乱れやすい性質のバランスを取る献立にします。

アーユルヴェーダでは、太陽の運行とともに、それぞれの環境における気候が変化し、それに合わせて人の体力と消化力、ドーシャも変化すると考えられています。そのため、季節に合った食事をとることが必要です。

夏はピッタの季節

暑い夏は、ピッタの乱れやすい季節です。

もしあなたが、次のような症状、心の状態にあるとしたら、ピッタドーシャのエネルギーバランスが過剰になっている可能性があります。

ピッタの乱れ

  • 体が火照る
  • 胸やけ
  • 体臭
  • 炎症
  • 胃酸過多、イライラする、批判的になる、せっかち、完璧主義

漫画で分かるアーユルヴェーダ(インスタグラム、森の時計HPにて順次配信中)の中で、主人公モモの母笛子がイライラしているシーン。
この後笛子は、さらにピッタを上げるアルコールと塩分多めのつまみを摂る……

※漫画を読みたい方はこちら

ピッタを落ち着かせる食事

  • 甘味・苦味・渋味
  • 余分な熱を下げるもの
    (ミント、コリアンダー、甘い果物、牛乳、ギー)
  • 冷却作用があり、夏が旬の瓜類も良い

 

ピッタを乱す食事

  • 味・酸味・塩味
  • 熱を上げるもの
    (唐辛子、トマト、ごま、発酵食品、酢)
  • 激性のあるもの
    (タマネギ、ニンニク、カフェイン、アルコール、唐辛子)

夏は辛いもの、酸っぱいものを欲するかもしれませんが、過剰摂取はピッタを乱すので、ほどほどにします。

それぞれのレシピのピッタを鎮める役割

・ミントライス
⇒ミントとコリアンダーの苦味、クーリング作用がピッタを落ち着ける。

・オクラのスープカレー
⇒オクラの整腸作用、利尿作用を取り入れる。ココナッツが熱を下げる。

・冬瓜とチャナダルのクートゥー
⇒冬瓜の冷却作用を取り入れる。ココナッツが熱を下げる。

・ズッキーニのグリル
⇒ズッキーニの冷却作用を取り入れる。黒胡椒が食欲を増進し、カルダモンが精神を落ち着かせ、コリアンダーが消化促進する。

・さつまいものグリル
⇒甘味がピッタをなだめる。糖尿病予防などあらゆる効能を持つシナモンが消化を助ける。

・ラッシー
⇒酸味が食欲を増進する。

 

食事法③6味をそろえる

 

6味とは甘味、酸味、塩味、辛味、苦味、渋味です。

1回の食事で満足感が得られるだけでなく、体の全ての組織、器官、細胞を活性化させます。

それぞれの食材がもつ味

・ミントライス
⇒甘味、苦味、渋味

・オクラのスープカレー
⇒甘味、苦味、渋味、塩味

・冬瓜とチャナダルのクートゥー
⇒甘味、苦味、渋味、塩味

・ズッキーニのグリル
⇒甘味、辛味、苦味、渋味、塩味

・さつまいものグリル
⇒甘味、渋味。

・ラッシー
⇒甘味、酸味

 

食事法④オーグメンティングとエクストラクティヴの比

オーグメンティングとは、体に栄養を与える食べ物、エクストラクティブとは、排出効果のある食べ物のことで、比率が6:4になるのが理想的です。

また、個人の体質に合わせて比率を調整します。

例えば、太り気味の方がいれば、オーグメンティングを少し減らし、エクストラクティブを増やします。

・ミントライス
⇒オーグメンティング、エクストラクティブ

・オクラのスープカレー
⇒エクストラクティブ

・冬瓜とチャナダルのクートゥー
⇒オーグメンティング、エクストラクティブ

・ズッキーニのグリル
⇒オーグメンティング

・さつまいものグリル
⇒オーグメンティング

・ラッシー
⇒オーグメンティング

 

生徒の皆様の声

「ミントライスが作ってみたかったので、満足」

「複雑な料理だと家ではなかなかできないが、今日学んだものはとても簡単で、家でもできそう」

「やさしい味付けで、身体が満足する」

「バランスがよく、満足感がある」

「最近冬瓜などを良く食べるが、新しい調理法で新鮮」

ご参加ありがとうございました。

 

次回料理教室はスリランカづくし

次回の料理教室は8/12(日)11:00~14:00です。

以下のメニューを予定しています。

 

  • クミンライス
  • キャベツのマッルン
  • にんじんサンボル
  • 豆カレー
  • 野菜カレー
  • ラッサムスープ
  • シュリカンド
  • 紅茶

 

詳細はこちら

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


アーユルヴェーダ ピッタにおすすめ 食事 レシピ [横浜 アーユルヴェーダ料理教室]

ピッタ体質、ピッタにおすすめの食事、レシピを記事にしてみました。

YOGA HACKという、ヨガや、ライフスタイル、ヘルスケア等の情報をまとめているサイトに掲載されましたので、
ピッタの方、ピッタが乱れた時の対処法について知りたい方、是非ご覧ください。

www.yogaroom.jp/yogahack/p/4069

※ピッタって何?と思った方、、このページの下のほうに少しだけ説明を書きました。よろしければご覧ください。

**お知らせ**

掲載している食事法やレシピについては、横浜石川町の「アーユルヴェーダ料理教室」で学べます。
試食中心の体験会の日程(2・3月分)をアップしてますので、是非ご覧ください↓↓
 morinotokei3.com/ayurvedacooking/ayurvedataiken-2/

 

**「ピッタって何?」と思った方**

★ピッタとはドーシャ(3つに分けて考える物事の質)の一つ

アーユルヴェーダでは物事の質を3つのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)に分けて説明します。
物事(人の心・体や季節、時間など様々)の状態を捉えるのに便利な考え方です。
すべての人が、3つのドーシャを持っていますが、その割合は人によって違います。

★ピッタの要素

元素:火と水(変換のエネルギー)
質:温・軽・鋭・滑・油(「温」はピッタ特有の特徴)

★ピッタの人の特徴

・整った目鼻立ち、中肉中背、赤みがかった肌、目つき、口調が鋭い
・理論的、情熱的、リーダー気質、まとまりがある、贅沢品にお金を使う、きらきらしたものや良い匂いが好き、消化が強い
・乱れるとイライラ・怒りやすい、炎症を起こす、肌のトラブル、攻撃的・批判的になる、体臭がきつい