「朝ごはん」タグアーカイブ

アーユルヴェーダ料理教室_ピッタの食事と朝ごはん

8/24、25はアーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースのレッスン7を開催しました。

概論はピッタの食事、食材論は果物と乳製品、メニューはアーユルヴェーダの朝ごはんがテーマでした。

続きを読む アーユルヴェーダ料理教室_ピッタの食事と朝ごはん


【話題のキッチャリークレンズって何?】効果と実施期間中の過ごし方

キッチャリーとは、インドの豆粥です。
キッチャリーだけを食べるデトックス法のことをキッチャリークレンズといいます。本記事では、キッチャリークレンズの目的と実施期間中の過ごし方についてご紹介します。 続きを読む 【話題のキッチャリークレンズって何?】効果と実施期間中の過ごし方


アーユルヴェーダの食事_朝ご飯と夜ご飯

こんにちは!

森の時計 ヨガ&アーユルヴェーダのakiです。いつも読んでいただきありがとうございます。

今日はプライベートなごはんの記録です。


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けする情報を発信するブログ

ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


消化に優しいアーユルヴェーダの朝ごはん_冬から春

朝は、消化力がまだ弱いので、消化に優しいものを食べる必要があります。

冬に私が好んで食べていたのはさつまいもです。
さつまいもをレーズンやりんごと一緒に煮たのを食べてました。
あとバスマティライス+レーズン、蕎麦の実と玄米、りんごとキヌアといった具合です。4月からは、ホテルのモーニングを出す仕事も始めたので、そこのご飯とお味噌汁、蒸し野菜や焼いたサバなんかを食べることもあります。

つい食べ過ぎてしまって、この頃消化力が弱くなってきてしまいました。。

最近は暑くなってきたので、フルーツ、甘夏やバナナを食べることもあります。
バナナは、ギーと一緒に炒めて食べてもおいしいです。

 

今日は朝から口当たりの良い・レモンダールラッサムを作りました。

レモンダールラッサムとはなかなか、朝食向きなのか、「?」ですが、なんだかサラサラとしたものが食べたくて作りました。

冬は、どちらかというともったりした、密度の濃いダールスープを良く作っていましたが、だんだんとサラサラ系を欲する季節になってきましたね。

このスープは、でも、意外とメンドウクサイ……最終的に合計3つの鍋を洗わないといけないからです(笑)
最近料理をし過ぎて、少し創作意欲がなくなってきたところに、なぜだか朝からせっかくやる気になっていたので、せっせと作りました。

ムングダルを煮崩れないように煮たので、食感を楽しみながらいただきました。
朝ごはんとしてそんなに悪くない気がします。

ただ、酸味が効いているので、ピッタが過剰な人はNGですかね。

パセリが余っていたので、パセリを散らしましたが、パクチーがあればパクチーがよいかと。

ご飯と一緒に食べるとおいしいです。サラサラとお茶漬け感覚で食べることができます。人によってはサラッとしたカレーのようにも感じるかもしれません。

だいたい7時くらいに食べ、8時から、「半分青い」を見て9時頃職場へ。
「半分青い」は私の地元、名古屋にほど近い岐阜が舞台、登場人物も岐阜弁を喋りますが、割と尾張の方言と似ているので、なんだか親近感が湧きます。

佐藤健みたいな人が、ちょっと田舎っぽい喋り方してるのは違和感ありますけど(笑)

アーユルヴェーダの夕ご飯

今日は夕ご飯にミントライスを作りました。

  • ミントライス
  • 紫サツマイモのマッシュ
  • モロッコいんげんとルッコラ
  • レンズ豆とひじき

ミントライスは、夏になったら作ろうと思ってました~。

うちには生カシューナッツしかないので、仕事に行く前に浸水させるという計画の立てよう……

数日前に銀次郎(鶴見の八百屋さん)でもらったハーブ(ミント)をなんとか使いきりたい!
ということで今日はミントライスにしたのでした。
ココナッツの果皮があればそれを使うのですが、そんなもんないので、玉ねぎを使いました。玉ねぎ、普段あまり使いませんが、この前家族が遊びに来た時に持ってきてくれたので、ありがたく使いました。

これまた、レモンダールラッサムではないですけど、割と面倒……こんな風に粉砕したやつをね、

鍋でお米と一緒に煮るんです。
使っているお米はバスマティライス。なので、すぐに炊けます。

その間に圧力鍋でブラウンレンティル(茶色のレンズ豆)を煮ます。
スパイスがたくさん入っているけど、ひじきも入っているという、なんとも和ーユルヴェーダな感じ。色といい素材といい、シブい一品です。
味付けはもちろんスパイスと塩だけ。

これはマイラのレシピ本に載っているやつです。

というような感じで今日のご飯ができましたー。

うーん、ミントライスは好き嫌いが分かれるでしょうね。私はチョコミントとか大好きな人なので、全然OKですが、歯磨き粉を彷彿とさせる味。

でも歯磨き粉は入れてないよー><

一緒に入っているスパイス、クローブは、ご飯を食べている時に一緒に噛んでしまい、独特の芳香と苦味が口の中に広がるのですが、まあいっかと食べてしまいました。

ちなみにクローブは鎮痛効果があるので、歯が痛い時には応急処置として「クローブを噛め」というのが、アーユルヴェーダのお母さんたちの知恵だそうです。

気楽なアーユルヴェーダごはん

個人的な話ですが、アーユルヴェーダ料理教室アーユルヴェーダカフェ、それから職場でも、人に料理を出す仕事が続いています。

あまり気にしていませんでしたが、失敗できないという緊張感がどこかであったのか、今日久しぶりに自分のためだけにちゃんとアーユルヴェーダご飯を作って、自分だけのために作るのは気楽で良いなあと思いました。。

さて、アーユルヴェーダ料理教室では今日作ったレモンダールラッサムやミントライスが出てくる可能性もありますので、是非チェックしてみてくださいね!

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


出来立てのギーで蕎麦の実と玄米の朝食_アーユルヴェーダ料理教室

ギーを作りました。

ギーは1,000の効能があるといわれるオイルで、アーユルヴェーダでは料理だけでなくマッサージや点鼻、点眼にも使ったりします。
私はまだやったことがありませんが・・・

中火で無塩バターを溶かし、小さな泡ができてきたら弱火にします。

だんだんと泡が大きくなってつながってきます。ぱちぱちという音がします。

音が小さくなって、もう一度小さな泡になってきます。
音がなくなって、泡をよせてみて透き通った黄金色になっていたら完成。

アーユルヴェーダ料理教室でも販売します♡
直近の体験会の予定はこちら

脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。不飽和脂肪酸の中でも必須脂肪酸である「ω(オメガ)3」「ω6」は、体内で合成できないため、食事から補わなければならない油です。

ω3…アマニ油、しそ油、青背の魚の油
ω6…サラダ油、ごま油、コーン油、マヨネーズ

ギーには、ω3とω6が、バランスよく含まれています。

また、ギーに含まれる短鎖脂肪酸はエネルギー源としてすぐ使われ、体脂肪として蓄積されにくいため、肥満を防ぐ効果があります。また、腸内細胞の悪玉菌の増殖を抑えたり、腸の炎症を抑えたりする作用もあり、腸内環境を整える助けになります。

蕎麦の実と玄米の朝食

そんなギーを作った後、お鍋に残った油も利用して新しいレシピに挑戦です。
また、Hale Puleのレシピを使いました。

蕎麦の実を家で使ったことはありますか?
私は初めてでしたが、こんなとろとろになるんですね。
ギーと塩、スパイスで味付けです。味付けといってもそんな派手な味にはなりませんが、出来立てのギーのかおりがして、幸せ。。

満足感が得られます。でも、お昼前にはちゃんとお腹が空きます。

バーリー(大麦)・黒目豆とひじき・かぼちゃ・タアサイとアルファルファ

そんな今日の昼食。今日は全体的に汁多めにしました。バーリーはごま油と塩をわずかに入れて炊きました。豆や野菜を調理したときの水分とからんで、いい感じになりました。

かぼちゃはかぼちゃの甘さだけ、シナモンとコリアンダーパウダーとギーを使います。醤油とみりんを入れて作る、慣れ親しんだあのかぼちゃの煮つけにも負けないインパクトです。

タアサイは安価でここ最近よく登場します。。アジョワンが、少し苦手みたいです、私(笑)

2月 アーユルヴェーダ料理体験会
スケジュールはこちら


2/3,2/4_日々の食卓

日々の食事に関するレポートです。

2/3 朝:セイボリーパンケーキ

全粒粉ギー、スパイスで作るパンケーキ
生地を流してすぐにんじんを乗せます。

セイボリーはここでは塩系(おかず系)の意味ですが、メープルシロップ、それからデーツと一緒にいただきました。

持ち運びもできるので、お弁当や、軽食に持って行ってもいいと思います。

いつもはお米やさつまいも、フルーツの朝ごはんが多いですが、せっかくの休日の朝なので特別に作りました。

アーユルヴェーダの料理は2、3月の体験会でご体験いただけます(2時間・ミニ講座付きで3000円とお得です)
詳細はこちら

 

2/4 アーユルヴェーダの朝ごはん

明けて日曜の朝、私の大好きなブレックファーストグレイン(バスマティライスをレーズンで炊いたごはん)とアップルシチューを、もう一緒に煮てしまいます。

今日のリンゴは酸味が強かったです。。

ランチ

ターメリックと塩、ギーでバスマティライスを炊きます。

フムスは、小豆だけでもいいと思いますが、少量のひよこ豆とブレンドしました。小豆のにおいって落ち着きます。

ほうれんそう。アジョワンを入れ過ぎてしまいました。。ほうれんそうって甘味があっておいしいですよね。

長いも。昔横浜で働いていた時に、上司に連れて行ってもらった居酒屋で「長いもコンビーフ」っていうのがありました。
長いもを塩で炒めるおいしさはその居酒屋で知りました。
今はコンビーフは食べませんが、塩と黒胡椒などのスパイスだけでシンプルに味付けした長芋はおいしいです。
そしてすごく簡単。

ちなみに、この日の夜は買い物に付き合ってくれた先輩と、はなまるうどんで、きつねうどんとコロッケを食べました。

そういうのも、食べますよ、わたし笑

特にうどんとかそば好きですね。。天ぷら入ったやつとか。
コロッケそばとかあるけど、おいしいのかな?とよく話題にしていたので、やってみちゃいました。じゃがいもNG期間だったのに。。までも、いいですよね。たまには^^

アーユルヴェーダの料理教室_調理法を学べます
(3月春のアーユルヴェーダ)
詳細はこちら

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


【ほてり、胸やけ改善】アーユルヴェーダの簡単朝ごはん

アーユルヴェーダにハマっているakiの朝ごはん。

今日はカキのソテー(果物の柿ね^^;)

アーユルヴェーダの簡単朝ごはん

Ayurvedic Breakfast

 

 

 

 

 

 

・柿のソテー

・アボカド

・甘酒

ペイズリーで学んだ柿のソテー

柿のソテーは武蔵境にある、香取さんが主宰するお料理教室
「ペイズリー」にて学んだ秋のアーユルヴェーダ料理。

柿は身体を冷やすので、夏に残ったピッタを追い出すのに最適な果物。

※ピッタが分からない方はこちらの記事をご覧ください。
>>【ピッタ・ドーシャ】体質・特徴・食事のおすすめ


もう晩夏でも、秋でさえもありませんが、もともとピッタ体質の人には良いですね。
それから、ピッタが上がっている時──たとえば仕事のことばかり考えてしまっているとか、
人に対し腹を立てたとか、とにかく頭がカーッとなったり、テンションが上がり切っている時。

ピッタがそこまで強くなければ、身体を暖めるスパイスを使ってバランスを取りましょう。

 

このレシピでは、カルダモン、黒胡椒を使っています。
黒胡椒は、特に身体を温めてくれます。

オイルはごま油でも良いですが、ギーの方がなんとなく合いそうですね。
ココナッツオイルは身体を冷やすので、夏はいいですがこの季節はおすすめしません。 

食べた後の感覚

おいしく、幸福感があります。
よく噛みましょう。そんなには重くありません。ただ、最近私はやることリストに追われてしまっていて、
消化が弱いので、少し食べるだけでアップアップです・・・

テレビを見ながら食べるのもやめましょう。

脳が、テレビを見てるんだか、食べ物を食べるんだか、分からなくて、混乱します。
身体に何をすればいいのか、うまく指示できません。

 

「ながら」が得意だと思っている人も、実は何かがうまく機能していないかもしれませんよ・・・

 

【関連記事】日々の食卓

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


簡単・アーユルヴェーダの朝ごはん【りんごとキヌアのお粥】

簡単にできるアーユルヴェーダ的な朝ごはんに、りんごとキヌアのお粥はいかがですか?

これから旬を迎えるりんごとスーパーフードのキヌアを使った、消化に優しいメニューです。
続きを読む 簡単・アーユルヴェーダの朝ごはん【りんごとキヌアのお粥】