「飲み物」タグアーカイブ

【不眠・梅雨の憂鬱を解消】レシピ:ギー入りミルク

こんにちは!
森の時計ヨガ&アーユルヴェーダのakiです。

夏至ですね。

日の出から日の入りまでの時間が長くても、日照時間は短いのが梅雨の時期。

梅雨は、ジメジメ、日中も曇りがち、太陽の光がない、暗い。
だからか、人の気持ちまで落ち込んで、この時期うつを発症する人も多いようです。

皆さんは次のような気持ちになっていませんか?

  • なんだか分からないけれどもやもやする
  • 今日起こったあの出来事が気になる
  • 失敗した、人から非難されて、自分が役立たずに感じる
  • 無償にイライラして、何かを考えすぎ、寝れない
  • 夜中にすぐ起きてしまう
  • 寂しく涙が出ちゃう

今日は、そんないつも頑張っている皆さんを優しく癒すアーユルヴェーダのドリンクをご紹介します。


アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする手助けになる情報を発信します
ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法


アーユルヴェーダの簡単ドリンクレシピ

絶え間ない心の動き、過敏になった神経、次から次へと違うことを考えてしまう、不安が生じる、不眠……

このようなヴァータの乱れを鎮めるのにぴったりなのが、栄養豊富で、「重」い性質のある乳製品と、うつ・認知症予防、不幸・疲れを解消するとの記載が聖典にあるギーを用いたドリンクです。
※効果を保証するものではありません。

また、ギーは少し「冷」性なので、灼熱間のある夜にも最適です。
排泄を促すともいわれています。

ただ、乳製品を冷たい状態でたくさん飲むのはよくないので、少し温めて、少量にします。

ギー入りミルク

【ドーシャへの影響】
V↓P↓K↑

所要時間:10分

材料(1人分)

  • ミルク 120ml
  • ギー ティースプーン1杯

作り方

1.小鍋に牛乳を温め、端の方がふつふつしてきたら、ギーをティースプーン1/2杯ほど入れ、くるくる軽く混ぜる。

ポイント

・牛乳は冷えたまま飲まない。

・体温程度まで冷めたら、お好みではちみつを入れてもOK。
メープルシロップでも〇です。

飲むタイミング

寝る1時間ほど前に、ゆっくりと、噛むようにして飲みます。

皆さんも一度、試してみてください。

バランスを崩しやすい梅雨_アーユルヴェーダではどうとらえる

梅雨です──。
今日も、ずーっと、雨・曇りでしたね(in横浜・東京)。

朝起きても、「ん?暗い。まだ夜?」と思うともうそこそこの時間。

暑い!これから夏だー!
と思って衣替えした矢先に、風が吹き、寒い。

と思ったら真夏日になり、乾燥し、じりじり肌が焼ける。
気温の高低差についていくのも大変です。

この時期は、少しヴァータが上がりやすい。。
気がふさぐ、心が内向きになる──タマスチックな作用が現れるので、できるだけ純粋な性質(サットヴァ)に導くよう、努めて新鮮なもの、生命力のある果物や野菜を摂ると良いです。

夏に備えてピッタ対策をしていたのに、風が吹き荒れヴァータのケアもしなければならず……アグニも混乱です。

……アグニについて、お話しますね。

アーユルヴェーダで重要視している消化の火・アグニ

アーユルヴェーダでは消化力のことを「アグニ」といいます。
これは私たちの全てに関わってきます。

「消化」とは、食べ物の消化のみを指しません。
私たちが五感を通して摂取するものすべての「消化」を指します。

アグニの働き

  • 食べ物を適切に消化する
  • 代謝する
  • 体の組織・細胞に影響を与える
  • 精神に影響を与える
  • 論理的思考、自分の進みたい方向に人生を動かせるか、に関わる
  • マインドを鎮める
  • 食欲・睡眠・体重のコントロール

アグニが弱り、毒素がたまると、結果的に私たちは健康でなくなります。

アーユルヴェーダでいう「健康」とは、西洋医学に慣れ切った私たちが考える「病気と診断されていない」という意味の「健康」ではありません。

もっと高次なものです。

なので、たとえ〇〇病と診断されていなくても、次の項目に当てはまれば、アグニが弱っている証拠です。

アグニが弱っている状態の心、身体の特徴

  • 汗が出にくい
  • げっぷ・ガスが出る
  • 膨満感
  • 朝ぼーっとする、怠い
  • 便秘
  • 吐き気
  • 「恐れ」
    ……

不眠、頭が働いて熟睡できない、寝つきが悪い、夢をよく見る。

そんな話をよく聞きます。
何かに抵抗や反抗、受け入れがたい気持ち、イライラ、怒り、寂しさ……

こういう気持ちが生じるのも、アグニが弱っているサインですし、逆もまた然り、このような気持ちが、アグニを弱めます。

心の状態とアグニも密接な関係があるのです。

そんな時には、寝る前に、心をほっと落ち着かせるような、ドリンクを飲んでみてはいかがでしょう。
たとえば、今日ご紹介したギー入りのミルクのような。

 

【アーユルヴェーダ料理教室のご案内】◆アーユルヴェーダ料理を食べてみよう!
体験会の詳細・お申込みはこちら

◆アーユルヴェーダ料理を作ってみよう!
単発レッスン(お楽しみ会)の詳細・お申込みはこちら

◆《資格の取れる》理論と実践で学ぶ!アーユルヴェーダ基礎と食事法
アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースの詳細・お申込みはこちら


アーユルヴェーダを始める前と後の飲み物の変化_体調・感じ方の変化

こんにちは!akiです。
いつも読んでいただきありがとうございます。
私は森の時計 Yoga&Ayurveda代表とは別の顔として、ヨガや美容関係の情報まとめサイトYOGA HACKのWebライターをしています。
最近公開された新しい記事「スパイスを使ったアーユルヴェーダの簡単ドリンクレシピ6選!」にちなんで、飲み物のことが今日のブログのテーマです。

アーユルヴェーダやヨガを生活に取り入れ、毎日を豊かに、楽しくする。その手助けになるようなブログを発信します
ヨガ 顔ヨガ 食事 セルフケア 瞑想 呼吸法 この人がすごい

YOGA HACKにて掲載「スパイスを使ったアーユルヴェーダの簡単ドリンクレシピ6選!」

YOGA HACKより、全文をお読みいただけます。


ドリンクレシピを6つ載せています。普段馴染みのないものもあるかもしれません。

「スパイスを使ったアーユルヴェーダの簡単ドリンクレシピ6選!」

アーユルヴェーダの視点からの飲み物について

美と健康のために、何を飲んだらいいの?という疑問を持って、ネットで検索したことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな人たちの参考になれば良いなあと思って書いたのが上記にリンクのあるYOGA HACKの記事です。

アーユルヴェーダを学ぶ以前に私が飲んでいたもの

みなさんは毎日、何を飲んでいますか?

アーユルヴェーダを学ぶ以前の、私の食べ物や飲み物の選び方というのは、ほぼ「カロリー」が基準でした。
小さい時からぽっちゃり型で、太りやすくて、高校生の時と、就職一年目くらいの時にカロリー計算によるダイエットをして、その体重を保てるようにカロリーコントロールをしていました。

なので、仮に昼食に甘い菓子パンとインスタントの春雨スープを昼食に摂ったからといって、それが500kcal以下であればよし、サラダやタンパク質は夕食に食べるからいいもん。
といった選択をしていました。

飲み物も、例外なくカロリーが基準でした。
食べ物や飲み物が体や心に作用する、あるいは体や心の作用が私たちに食べ物や飲み物を選択するときの判断力に影響するなんてことは、全然考えていませんでした。

「カロリーゼロ」の炭酸飲料

私が最も「ご褒美」的に買っていたのがこれです。もともと甘い炭酸飲料が大好きでしたから。
コーラ、柑橘系の炭酸飲料、ヨーグルトテイストの炭酸飲料なんかも大好きでした。炭酸水は好んではのみませんでしたが、甘くなくても柑橘の風味があれば買っていました。

「野菜ジュースor豆乳」と「飲むヨーグルト」を混ぜたもの

朝、食パンを食べる習慣があったので、一緒に摂っていました。
少しとろっとした飲むヨーグルトと合わせると、スムージーのような食感になって、それがお気に入りで、飲んだあともすっきり感があるので飲んでいました。

コーヒー

だいたい、一日2~3杯飲んでいました。主に朝食後と夕食後、たまにですが、午後15時から仕事が終わるまでに1杯ほど。
そしてだいたい、甘いお菓子と共に

紅茶

ティーバックの紅茶は、大学時代にはお茶のように飲んでいました。外国に行ったときに、(水が良くないのか)飲み物はずっと紅茶を飲むというような期間があって、その期間を懐かしむ情があったのか、継続していました。

みなさんにも、共通のものはありましたか?

アーユルヴェーダを学んでから飲んでいるもの

新たに取り入れたものもまあまあありますが、アーユルヴェーダをやることにより、飲み物に関しては主に「白湯」になって、それが気に入っています。

なので、あまり飲み物のバリエーションを増やそうとは、今のところ思いません。除いたものの方が多いです。

市販のジュースはほぼ飲まなくなりました。それからお酒、紅茶やコーヒー。最後まで家に残っていたのはインスタントコーヒーです。
今は、外出先や飲食店では飲むこともあります。自分の家には置きません。

アーユルヴェーダ実践者&ヨギニも愛飲・白湯

アーユルヴェーダをやっていない人でも、白湯を飲んでいる人は多いはず。白湯ダイエットなどの言葉もあるほどです。
煮詰めた白湯を飲むべき説・煮詰めなくても良い説を聞いたことがありますが、私は煮詰めていません。単に煮詰めるのを待っていられないので(笑)
いつ飲むとかはなく、お茶代わり、のどが渇く前にちびちびのんでいる感じです。冬場は白湯を飲むだけでほっとするので、前の職場でも常にマグカップに白湯を入れていました。
持ち歩いている水筒の中にも基本的に入れているのは白湯です(笑)

白湯の効能

便秘の改善、消化力のUP、身体を温める、むくみの改善などいろいろな報告があるようです。
水でそんな効用が得られれば、実に安上がりな健康法ですね。
韓国ドラマチャングムの誓いで、幼いチャングムにハン・サングン様が「水を持ってきて」というシーンがあります。ハン・サングンはたとえ水であっても、飲む人の体調によってうまく使わないといけないことを教えます。

ハーブティなどカフェインレスの飲み物

アーユルヴェーダを学んでいるからということでもありませんが、カフェメニューを考案していた関係で、自分でも取り入れるようになりました。
冬場はレッドグレープリーフ単体で飲み、人気のジャーマンカモミールやラベンダー、レモングラスなどのブレンドを楽しんでいます。
ハーブの世界もまた奥深くて、全然詳しくありませんが……

手軽で簡単に効能を得られるスパイスティー

このレシピや効能などをまとめたのが、「スパイスを使ったアーユルヴェーダの簡単ドリンクレシピ6選!」なのですが、ぶっちゃけ、自分では、あまりスパイスティーを作っていません。
鍋を洗うのがねぇ……(笑)

食事の時に大体毎回スパイスを使うので、飲み物にまでスパイスを使わなくてもいいかなあといったところです。
作っても、生の生姜をお湯で煮るジンジャーティー(with蜂蜜)くらい。

ただ家にスパイスを余らせてて、変わったものにもトライしてみたいなあという方には良いかもです。

ちなみに体質に合わせたハーブティや、カフェインレスのスパイスティーなどは、中野坂上のアーユルヴェーダカフェでもお飲みいただけます。

またアーユルヴェディックな飲み物に関する講座と実践は、アーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースのカリキュラムの中に組み込まれています。

ミルク(+ハニー、+ジャーマンカモミール、+ギー)

牛乳もまた、かつて万年ダイエット状態の時には避けていた飲み物です。
今もそんなに頻繁に飲むわけではありませんが、少量を温めて、ギーや蜂蜜を少し入れて飲むとほっとします。
ミルクに抵抗がなければ、夜に飲むものを、コーヒーからミルクに変えてみませんか?神経系が落ち着き、安眠効果がありますよ。


アーユルヴェーダでは、新鮮な牛のミルクは栄養価の高いものとして重宝されています。飲み過ぎはカパが増え体重が増えるので注意が必要ですが。

飲み物の選択が代わることによる心と体の変化

コーヒーというのは私の場合甘いものといつもセットでした。
今、コーヒーと甘いものを摂りたくなる時というのは、肉体労働をした後、自分にとって困難な課題に挑む前、もしくは後、傷ついた時、寂しい時。
心にゆとりがない時です。だからコーヒーをやめたら体調がよくなったという感じはそこまでしないのですけれども、コーヒーを飲まなくてよいように自分の置かれている環境を整えることを意識するようになりました。

コーヒーを飲まないようにすると、セットの甘いものもそこまで求めなくなりますから(甘いものを投入し続けるのも難ですからね。甘い中に苦さを取り入れるからこそ、また甘いものが欲しくなっていたわけで)、結果的に体の方、たとえばお通じの問題からしても良くなっていると思います。

他にも何か変わったのかな?第三者の意見求む、です(笑)

森の時計 Yoga & Ayuruvedaで考案したドリンク

★飲んでみたい方はアーユルヴェーダカフェへどうぞ。
★作れるようになりつつアーユルヴェーダの知識を学び、資格を取りたい方はアーユルヴェーダクッキングアドバイザーコースへどうぞ


ドーシャ別おすすめのハーブ(横浜・アーユルヴェーダ料理教室)

いつも飲んでいるジュースやコーヒーの代替えに何を飲んだらいいかしら?

そんな疑問を持っている方!
心身の健康のために良い、アーユルヴェディックな飲み物として、ハーブティはいかがでしょうか?

Yoga Hackで、ドーシャ別おすすめのハーブを5つずつ紹介しています。バランスの乱れを整え、消化を助け、さらに味覚を満足させてくれるハーブティ。

ぜひ、参考にしてください!

http://www.yogaroom.jp/yogahack/p/4267

 

アーユルヴェーダカフェでも、ドーシャ別のハーブティを提供していますよ!

・ヴァータのためのハーブティ herb tea for vata
⇒駆風作用、鼓腸、消化促進/冷え性、便秘の方におススメ

・ピッタのためのハーブティ herb tea for pitta
⇒消炎、抗菌、鎮静/精神不安、ストレスがある、不眠の方におススメ

・カパのためのハーブティ herb tea for kapha
⇒抗アレルギー、健胃/鼻水、鼻づまり、眠気がありぼんやりする方におススメ

アーユルヴェーダカフェは毎週日曜日・中野坂上にて営業しています。

morinotokei3.com/ayurvedacafe/