【おもてなし・ホームパーティーが盛り上がる】煮豚のレシピ

煮豚 ブログ

ボリューム満点の「煮豚」のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

煮豚

煮豚

じっくり低温で煮込んだ煮豚。

ボリューム満点!

パーティーメニューにもおすすめです。

柔らかく仕上がりますが、

もし、歯が悪い人、咀嚼力が弱い人が家族の中にいるなら、

豚モモではなく豚バラを使ってください。

【材料】煮豚(4人分)

  • 豚モモブロック 500g
  • 油 大さじ1
  • 米のとぎ汁 鍋いっぱい
  • 生姜(スライス) 2~3枚
  • ねぎ(緑色の部分) 15~20cm

<A>

  • 酒 150ml
  • みりん 70ml
  • 醤油 70ml
  • 砂糖 大さじ1.5
  • 五香粉 小さじ1/6

代用・特記事項

  • 豚バラ肉でもOKです。この場合、油はなしでOK。
  • お好みで8分ほどゆでた半熟卵も用意しましょう。
  • 五香粉はお好みで入れましょう。
    スパイスが苦手な方、中華っぽい味付けにしたくない方は入れない方が良いです。

【作り方】煮豚

  1. 豚もも肉にフォークをさし、タコ糸でしばる。
  2. フライパンに油をしき、豚肉を入れて焼き色をつける。
  3. 鍋に米のとぎ汁、生姜、ねぎ肉を入れ、沸いたら弱火にし、蓋をして1時間煮る。
  4. 3を30~60分そのままにして蒸らす。
  5. 4をざるにあげ、同じ鍋にAの材料を入れ、1分ほど煮てアルコールを飛ばす。豚肉を入れ、15~20分弱火で煮る。途中豚肉をひっくり返す。
  6. 5とあれば半熟卵を器またはジップロックに入れ、一晩以上置く。漬け汁にまんべんなくお肉や卵が当たらない場合は、途中ひっくり返して全体が当たるようにする。
  7. 切り分け、お皿に盛る。お好みで塩とブラックペッパーを振る。

ポイント

  • お昼時に食べる場合は特に、前日からの仕込みが必要です。
    計画的に作りましょう。
  • うちにタコ糸がなかったので、縛らずに工程を進めました。
    見栄えが気にならない場合は、省略可です。
  • ごみをなるべく出さないようにするなら、ジップロックは使わないで、代わりに大きなお皿を使いましょう。
    私は大きなお皿に入れ、時々ひっくり返しましたが、十分味が染みていました。

煮豚のあるパーティーメニューの例

  • ゴビムサラニ
  • かぼちゃのポタージュ
  • 魚介のフェンネル蒸し
  • 煮豚と煮卵
  • バケット

煮豚とはごはんが進む料理なので、

ごはんのお供にするなら、和食、中華のパーティーメニューのメインにしてもgoodですよ!

講師よりコメント

煮豚は、根気のいる調理法。

と言っても手数は少ないのです。

けれど、待っている時間が長い。
焼いて、煮て、蒸らして、漬け込む。

パーティーがランチタイムの場合は、前日から仕込む必要があります。

ただ、パーティーメニューを当日だけで準備しようとすると、とても大変。

漬けこむ系のメイン料理は、前日に仕込んで当日はサーブするだけなので、きっと重宝するはず!

五香粉が好きな家族の嗜好に合わせて、ちょっとだけ五香粉を入れましたが、
五香粉を入れる方は、ちょっとだけにしておいてくださいね!
(特に自分で作ったものの場合は)少量でもすごく存在感がありますから!

残った漬け液は、丼物や煮魚に使い回せます。
(五香粉が入っているとチャイナ風煮魚ができます!)

翌日からの食事の準備も楽にしてくれる、お助けレシピです♡

『森の時計の料理手帖』