鶏胸肉の栄養・保存・使い方・質│名古屋アーユルヴェーダ料理教室

ブログ

低脂肪、高たんぱくのヘルシー食材として人気の鶏胸肉。

パサパサしているというイメージがあるかもしれませんが、調理法を気を付けることで、柔らかく仕上げることが可能です。

鶏胸肉の基礎知識と、普段の食卓に活用しやすいレシピをご紹介します。

 

スポンサーリンク

鶏胸肉

安価で、脂質の少ないお肉として、普段の食卓に活用しやすい食材です。

分類 肉類
栄養 皮を除くと脂肪が少なく、たんぱく質が多い。

ソテーや煮物、焼き物に適しています。

加熱しすぎると硬くなるので注意しましょう。

鶏胸肉の栄養

良質のたんぱく質に富み、他のビタミンやミネラルも含みます。

牛・豚肉と比べて脂質が少ない分、低熱量です。

 

保存

傷みやすいので1~2日で使い切るのがベストです。

使いきれない場合は冷凍しましょう。

切り方のポイント

そぎ切り

胸肉は厚みがあるので、熱が通りやすいようにそぎ切りにします。

まず縦に細長く適当な太さに切り、包丁の刃らをお肉にのせるように寝かせ、上下に動かして厚みをそぐように、一口大に切ります。

一口大に切る

まず縦に細長く3~4つに切り、向きを変えて端から食べやすい大きさに切ります。

皮を下にして切ると切りやすいです。

皮をむく

あっさり仕上げたい時は皮を剥きます。

料理に脂っぽさがなくなります。

皮と身の間に指を入れて皮をつかみ、引っ張ってむきとります。

肉の厚みを均等にする

鶏胸肉のハムや八幡焼を作る時などは、お肉を平たく一枚にする作業をすることが多いです。

熱の通りや味の含みを均一にするためです。

  1. 皮を下にして広げ、肉の厚い部分に包丁を寝かせて入れ、そぐように切込みをいれます。
  2. 切り込みを入れた部分をそのまま開いて、厚みをととのえます。
  3. 穴が開いている所があれば、熱い部分から切り取ってあてがいます。

若鶏と親(成)鶏の違い

栄養成分表などを見ていると、若鶏と、成鶏別に書かれていることが多いと思います。

この二つの違いは何かな?と思い、調べてみました。

若鶏は、文字通り生後数ヶ月しか経っていない若い鶏を指します。

主に3ヶ月以内の鶏です。

市販のものはほとんど若鶏です。

「若鶏」とか、「親鶏」とか詳しく書いてあるパッケージはそれほど見かけませんが……。

市場に出回っている比率としては8対2、あるいは9対1ぐらいの割合だそう。

圧倒的に若鶏のほうが上回っているんですね。

出荷数に差がある理由は、肉質の違いによるところが大きいです。

若鶏の方が柔らかくてジューシー、親鶏の方はやや肉質が硬く、パサついた印象があります。

 

鶏胸肉を使ったレシピ

鶏胸肉と大根の治部煮

鶏胸肉と大根で作る、食べ応えがあるけれど胃もたれしない主菜です。

片栗粉の衣に包まれた、鶏肉のつるっとした食感を楽しみましょう。

鶏胸肉と大根の治部煮の材料(2人分)

  • 鶏胸肉 150g
  • 大根 4cm(約150g)
  • にんじん 3cm
  • 水菜(飾り用) 適量
  • 片栗粉 大さじ1/2~1
  • かつお出汁 400ml
  • 酒 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • 塩 小さじ1/8
  • 黒胡椒 少々

鶏胸肉と大根の治部煮の作り方

  1. 胸肉は一口大に切り、うすく片栗粉をまぶす。
  2. にんじんは7~8mmの厚さに輪切りにする。大根は食べやすい大きさに切り、下茹でする。
  3. 鍋に出汁、酒、みりん、醤油、塩を加えて火にかけ、沸騰したら弱火にして、大根、にんじんを入れる。
  4. 蓋をして2~3分煮こんだら、胸肉を入れてさらに5分ほど煮る。
  5. 鶏肉に火が通ったら、煮汁をからめるように混ぜ、器に盛る。
  6. お好みで黒胡椒をふり、水菜を飾って完成。

ポイント

  • しめじ、なす、かぶなど、お好みの具材を使ってください。
  • 胸肉は皮をむかずに使ってもいいですし、あっさりさせたい場合は皮をむいて使いましょう。
  • 飾りの緑は、水菜のほか、小葱、大根の葉、蕪の葉、クレソン、三つ葉など、おうちにあるものを使ってください。

 

献立例

鶏胸肉と大根の治部煮が主菜になっている、ある日の献立です。

  • 玄米
  • えのきと油揚げと豆腐の味噌汁
  • 鶏胸肉と大根の治部煮
  • 切干大根と白菜のごま和え
  • 蒸しかぼちゃ

軽めの夕食です。

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら