スプタバッダコナーサナ(仰向けの合せきのポーズ)のやり方と効果│ヨガポーズ

ブログ

ヨガのポーズ「スプタバッダコナーサナ(仰向けの合せきのポーズ)」をご紹介します。

両手両脚を気持ちよく開いて、心と体の緊張を解きましょう。

スポンサーリンク

スプタバッダコナーサナ(仰向けの合せきのポーズ)

合せきのポーズの仰向けバージョン。

初心者から行えるポーズ。

リラックスできるので、就寝前にもおすすめです。

サンスクリット Supta「横たわる」、Baddha「捉えられた」、Kona「角」
特徴 左右対称、仰向け、リラックス
効果
  • 股関節、鼠径部を緩める
  • 婦人科系の不調を緩和する
  • 背骨や骨盤のゆがみを整える
土台・礎 体の背面
力を発揮 リラックス
禁忌
  • 半月版断裂
  • 前十字靭帯の損傷
  • 足首の捻挫
  • 膝の問題
解剖学的point 股関節外旋

スプタバッダコナーサナ(仰向けの合せきのポーズ)のやり方

  1. 左右の足裏を合わせて座り、背筋を伸ばす(合せきのポーズ)。
  2. 両手を後ろにつき、ゆっくりと背中を床につける。
  3. 両手は体側よりやや離れたところに伸ばし、手の平は天井に向ける。
  4. 全身の力を抜き、呼吸する。

スプタバッダコナーサナ(仰向けの合せきのポーズ)のポイント・内側の働きかけ

  • 腰が沿ってしまうようなら、(手を使って)お尻のお肉を脚の方へ流す。
  • 両肩が上がらないよう力を抜き、肩先を床に近づける。
  • drishtiドリシュティ(目線)は天井へ。
  • 足の重みを利用して、股関節を外側に開く。

軽減法

  • ブロックを両ひざの下に入れて、腰や股関節をサポートする。

【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら