【生ウコンの使い方】生ウコンチャツネ│アーユルヴェーダ料理レシピ

ブログ
フェイスブックで知り合った方が送ってくださった生ウコン。
本稿では、生ウコンを使ったチャツネ(ディップソースのようなもの)のレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

生ウコン

うこんの力っていうドリンクは知っているけど、生ウコンって何?

と思っている方も多いかもしれません。

ウコンはショウガ科ウコン属の植物の地下茎で、いろいろな種類がありますが、

秋ウコンを乾燥させてパウダーにしたものは、

「ターメリック」

として知られています。

二日酔いの予防、抗酸化作用、美肌効果、免疫力UPなど、様々な効果が期待されているスパイスです。

詳しくはこちら
>>【カレーづくりにおなじみのスパイス】ターメリックの基礎知識

生ウコンチャツネ

生ウコンチャツネ

すっぱからくて、カレーと混ぜて食べると、次から次へおかわりが進むおいしさ!

癖のある味ですが、スパイス好きな人にはきっと好きになってもらえるはず。

生ウコンが手に入ったら是非作ってみてください。

【材料】生ウコンチャツネ(作りやすい量)

  • 生ウコン 75g
  • ジンジャーパウダー 小さじ1/4
  • レモン汁 25cc
  • ヒング 少々
  • 塩 小さじ2/3
  • 米油 25g
  • マスタードシード 小さじ2/3
  • フェヌグリークパウダー 小さじ2/3

【作り方】生ウコンチャツネ

  1. 生ウコンは皮をむき水気を切り、すりおろすか、フードプロセッサーで粉砕する。耐熱皿に入れる。
  2. タルカパンにオイルを熱し、マスタードシードを入れ弾けてきたらフェヌグリークパウダーを入れ、焦げないうちに1を入れたお皿に移す。
  3. 他の材料もすべて入れて混ぜ、完成。

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る