【上海レトロな空間で本格中国茶を楽しむ】悟空茶荘│横浜元町・中華街

お店・グルメ

横浜元町・中華街で中国茶を楽しめるお店「悟空茶荘」をご紹介します。

外観、店内の雰囲気に酔います。。

スポンサーリンク

アクセス│元町中華街・石川町徒歩7分

石川町駅 、元町・中華街駅から、それぞれ徒歩7分ほどのところに悟空茶荘はあります。

関亭廟のすぐ近くです。

この時期、中華街は春節の装飾、イルミネーションで賑わっています。

なんだか元気をもらえますね!

雰囲気のある上海レトロな空間

こちらが悟空茶荘の外観。

夜に訪れたのですが、かなり、良い雰囲気です。

店内は、一階が中国茶や茶器を扱う雑貨店、2回が喫茶室になっています。

中国茶やドライフルーツ、茶器の種類が豊富……

うーん……気になりますが、まずはお茶ですね!

二階の喫茶室。

ラストオーダーちょっと前、平日の18:45頃に訪れましたが、4~5組ほどのお客様が。

みなさん、くつろいでらっしゃいます。

カウンターには茶器やポットがずらり。

店内には呼吸の音楽がながれ、上海レトロな空間です。
(上海行ったことありませんが……)

疲れた胃を労わる暴々茶

さっそくオーダーです。

中国茶の種類が豊富でどれにしようか迷いましたが、暴飲暴食で疲れた胃腸を労わるという暴々茶(ぼうぼうちゃ)と悟空セットをいただきました。

暴々茶は、プーアール茶がベースで、薔薇の花や甘草が入っています。

ほんのり甘さがあります。

店員さんが、茶器を温め、最初の一杯を注ぐところまでやってくれます。
最初の一杯は、濃い黒色。

それにしても、お茶は飲みやすいですね。

お茶は、日本人に馴染みのある飲み物。

料理教室で作っているスパイスティー(ベースにお茶を使わないもの)より、馴染みやすいかもしれませんね。。

 

中国茶は5~6杯飲めるということなので、なくなったら、座席ごとにある電気ポットのお湯をつぎ足します。

茶器もとっても素敵です。

私は中国茶に関して知識がないので、店員さんに聞きまくり、閉店間際のうざい客になっていました……(笑)

でも、丁寧に質問に答えてくれる店員さん。

皆さん、中国茶にとても詳しく、ご自身でワークショップやセミナーを開いている方もいらっしゃるそう。

 

悟空セット(饅頭・カステラ・ドライフルーツのセット)

夕食を兼ねていたということもあり、ボリュームのある悟空セットを注文しました。

饅頭(肉まんをチョイス)とマーライコーという中国のカステラとドライフルーツがついています。

ちなみに中国茶を頼むと、お茶請けのドライフルーツが、これとは別についてきます。

饅頭はアツアツで、中にごろっとしたお肉や野菜が入っていて、今年肉まん(←いらない情報)としては上等すぎです(笑)

カステラもしっとりとしていて、ちょうどいい量。

ちょうどいい量といいつつ、いくらでも食べられそうですが……

 

食べた後は、1階の雑貨屋さんで物色し、茶葉の入れ物と中国茶の本、漢方などを購入しました。。

これはハマるとやばそうです(笑)


>>悟空茶荘


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら