【開催報告】スパイス基礎講座│香り高いアロマスパイス「クローブ」

スパイス基礎講座

3月スパイス基礎講座の関催報告です。

3月のスパイスはクローブでした。

スポンサーリンク

香り高いアロマスパイス「クローブ」

3月のスパイスはクローブでした。

クローブといっても、ピンとこないと思う方もいらっしゃるでしょうか。

スパイスを使うようになって間もないころ、私は、朝ご飯かデザートのレシピでクローブバウダー
と書いてあるのを見て、パウターから買いました。

その後は甘い系の料理やドリンクを作る時に、適当に入れていた、という程度でした。

けれど、ホールのクローブを使うようになってから、特にホールを粉砕してスパイスミックスとして使うようになってから、存在をしっかり認識しました。

クローブの特徴を学ぶ

レッスンでは、クローブの特徴を5感で味わっていただき、講義を行いました。

クローブはこんな形をしています。

私はよく、ポニョの妹のような形だとお伝えしています。

花のつぼみが料理や漢方として使われてきたなんて………不思議ですよね。

クローブを使った料理

今回のメニューはこんな感じでした。

  • 白米と玄米
  • ポトフ
  • ハッシュドきのこ
  • 里芋のクリーミーマッシュポテト
  • りんごのクローブ煮
  • オリエンタルティー

クロープは煮込み料理やデザート、肉料理などに使えます。

今回はポトフとオリエンタルティーにホールのクローブを、
ハッシュドきのこ、里芋、りんご煮にちょっとだけクローブパウダーを入れました。

クローブの甘味と辛味、温かさを感じていただけたと思います。

ポトフは市販のコンソメ、ブイヨンなしで、お肉と野菜のうまみだけでいただきました。

 

料理以外にも用途が広いクローブ

クローブは、有名どころだと匂い玉、フルーツポマンダーなどに使われ、虫よけなどの効果が期待されています。

また、歯痛を緩和する効果から、歯医者さんの麻酔に使われているともいわれています。

伝統工芸にも。

こちら、西洋館(横浜・山手)のクリスマスの飾りつけを見に行った時の写真です。
(ブラフ18番館にて、オーストリアのクリスマス)

リーフやクリスマスツリー、 小物などにクローブやスターアニス、 シナモンなどが使われています。

かわいいですよね。

そして、抗菌作作用もあります。

現在、コロナウイルスの報道が過熱しておりますが、そういったウイルスの対策になるかもしれません。

※いきなり今から取り入れても即効性は得られにくいと思います。
でも、長年こうしたスパイスや、バランスの良い食事を摂り、 規則正しい生活を送っていれば、免疫力のある、健康な体でいられるのではないか·…と期待をもっています。

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら