【開催報告】11月アーユルヴェーダ料理1dayレッスン│ロティ・秋の食材を使ったカレー

1dayレッスン

11月アーユルヴェーダ料理教室1dayレッスンの開催報告です。

11月のテーマは「甘味との付き合い方・甘味料の種類」。

 

秋の食材を使ったカレーや、スリランカの平たいパン「ポルロティ」などを作りました。

 

アーユルヴェーダ料理1dayレッスン

アーユルヴェーダ料理1dayレッスンは単発の料理教室です。

毎月テーマがあります。

11月は「甘味との付き合い方・甘味料の種類」というテーマで講義を行いました。

3時間のレッスンで、メニューの説明、調理、実食、講義という順にすすみます。

 

 

メニュー

  • ポルロティ
  • じゃがいものカレー
  • さつまいものカレー
  • きのこのテルダーラ
  • ポルサンボル
  • レンズ豆のサラダ
  • クミン茶

じゃがいもやさつまいも、きのこなど、季節の食材を使ったカレーを作りました。

複数の野菜を組み合わせた、色とりどりのレンズ豆のサラダは、豆が入っているのでたんぱく源にもなります。

クミン茶は消化を促進するお茶です。

煎り加減はお好みですが、よく煎ると玄米茶のような味わいになります。

ポルロティ

ポルロティはココナッツ入りの平たい無発酵のパン。

全粒粉で作ります。

今回はプレーンと具材ありの2種類を作りました。

 

 

Madhura マドゥーラ(甘味) 

今回のテーマは「甘味との付き合い方」

甘味は、適度なら素晴らしい蜜、摂り過ぎれば毒になります。

アーユルヴェーダでは、甘味を適切に摂取した場合、次のような機能があるといわれています。

  • 心身を育み栄養を与える
  • オージャスや7つのダートゥを生成する
  • 顔色をよくする
  • 健康的な髪と肌、美声をつくる

けれども、摂り過ぎた場合は、カパ性の症状を引き起こすといわれています。

風邪の症状、咳、鈍さ、リンパの詰まり、重苦しさ、食欲不振、糖尿病、肥満、などなど。。

これらをふまえ、甘味への欲求とどのように付き合うかについてお話しました。

甘味の種類

普段どんな甘味を摂っているか。

意識することはあまりないかもしれませんが、よく使っている砂糖がどのような性質を持っているか、興味はございませんか?

砂糖は、その原材料、精製度合いなどによって、様々な種類があります。

ビタミン、ミネラルの含有量、GI値、色、味……

どの砂糖あるいは自然の甘味を選ぶかによって、これらの要素が変わってくるのです。

講義では、砂糖や他の甘味の種類や、それぞれの性質についてお伝えした上で、市場に出回っているおすすめの甘味もご紹介しました。

 

今後のアーユルヴェーダ料理1dayレッスン

アーユルヴェーダ料理1dayレッスンでは、季節の食材を使い、各回のテーマに沿って5~7品作ります。
ご予約方法はこちらのご予約画面から、必要事項をご記入の上送信していただき、完了となります。

 

3時間 │¥5,000
受講料は当日現金にてのお支払いをお願いしております。

 

 

 

皆様のご来訪をお待ちしております。


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら