【甘くて香ばしいペースト】ココナッツチャツネ│アーユルヴェーダ料理レシピ

ブログ

ココナッツチャツネのレシピをご紹介します。

南インド料理の定番。

甘くて香ばしいココナッツのペーストです。

スポンサーリンク

ココナッツチャツネ

チャツネは、ソース、ペースト、付け合せのような意味。
↑インドの軽食・ティファンにもココナッツチャツネが付き物です(中央奥の白いペースト)。
(写真:東京・大森の「ケララの風Ⅱ」にて撮影)
南インド屋スリランカ系のカレーによく合います。
カレーに混ぜたり、蒸しパンにつけたりと幅広い用途で活躍します。

ココナッツチャツネの材料(2人分)

  • ココナッツファイン 100cc
  • ココナッツミルク 50ml
  • ココナッツオイル 小さじ2
  • レモン汁 5g
  • 水 50ml
  • マスタードシード  小さじ1/4
  • カレーリーフ 3~4枚
  • 塩 小さじ1/2~1
  • チャナダル 大さじ1/2
  • ウラドダル 大さじ1/2

ココナッツチャツネの作り方

  1. ココナッツファインを水とココナッツミルクに浸す。
  2. レモン汁、煎ったウラドダルとチャナダル、塩を加え、しっかりミキサーにかける。
  3. 別の鍋にココナッツオイルを温めてマスタードシードを入れはじけさせる。
  4. カレーリーフを入れ火を通す。
  5. 4を2にかけよく混ぜる。

ポイント

  • 豆は入れなくても良いですが、入れると香ばしい風味がつきます。
  • 豆は焦げやすいので、粒の大きいチャナダルから炒り、その後ウラド豆を入れて、弱火でじっくり炒りましょう。
  • ミキサーによっては分量の水分で回らないかもしれません。
    適宜水を足して下さい。
    ただし、入れ過ぎると水っぽくなるので、ペーストを作りやすいミキサーやフードプロセッサーがあるとベストです。
  • この分量で大き目のお茶碗一杯分くらいができます。食べる時はスプーン山盛り一杯くらいをお皿に盛り付けて食べましょう。
  • 冷蔵庫で3~4日は保存が可能ですが、水分が多いほど足が早くなります。
    早めに食べきりましょう。

 

スパイスの使い方を学びたい方はこちら
>>スパイス基礎講座

 


>>アーユルヴェーダのレシピノートに戻る

 


【特典付き★優待価格でご招待】アーユルヴェーダでナチュラルビューティーに!7日間無料メール講座
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
Little Coaの料理教室・顔ヨガレッスンのご詳細・お申込みはこちら